Group Info Group Founded 11 Years ago 311 Members
13,346 Pageviews237 Watchers

Gallery Folders

Featured
Chapter Based
Winter daysThe long winter days have finally arrived. Anari was fast asleep clutching the rag doll her Mother made for her, huddled in a ball under numerous soft blankets that only her closed eyes and nose could be seen and. First rays of morning sun pierced through the frosty window, shining right into Anari's face. Anari quietly moaned and shuffled underneath the blankets before opening her eyes and then squinting from the pain caused by the light. She shielded her eyes with the doll. She didn't want to get up just now, the blankets were so warm and she just new the floor was cold again... as was the kitchen where she was supposed to go soon. She also knew that once she got up, she wouldn't return to bed until the late of the evening. As Anari shut her eyes and stubbornly fought the insisting sun rays she heard familiar chinking of dishes and knew that was her cue to slither out of the bed. She sat upright and stretched then finally set her small feet into already worn out slippers. She stood up and went to her wooden trunk to pick some set of clothes for the day. Most of them she already outgrew but she searched for one she got for her birthday from Mother. It was a green thick tunic with woven flower pattern and matching pants. Anari smiled as she picked up her now favourite tunic because it reminded her of warmer times when she was allowed to go out of the house. She quickly dressed up, washed up and combed her messy red hair in front of a small mirror, trying to move it out her crimson, slitted-pupil eyes, exposing her pale heart shaped face. Her attention fell on her desk as was again filled with new parchments filled with strange symbols she had to read or write as practise... sometimes both. Anari sighed. So, Father was already giving her new tasks. This time though, he refrained from giving her assignments in leather cover since she started, as he put it, „teething“ because she always returned her assignments in half-gnawed cover. But she couldn't help it! It hurt!. At this thought Anari subconsciously touched her gums and she felt tiny sharp fangs protruding out of the flesh and trying to squeeze in with the rest of teeth. Her eyes caught the glimpse of light reflecting from icicles descending from the roof and onto her window. She took a look and saw the meadow covered with snow, glittering like thousand diamonds as sun washed it with its rays. The darkness in the sky was retreating from pink clouds that moved on the sky. Frozen branches swayed their icicles on the winter breeze. As answer, wooden walls of Anari's room creaked as a reminder that they are the only thing that keeps her safe from merciless cold... and that magical beauty. Anari's stomach growled in hunger and snapped her of her premature daydreaming. She quickly made her bed and neatly put her doll at the side of her bed. As she stepped out of her room and into the hallway she felt the coldness of the floor through her slippers. Moreover, the hallway was colder then usual. This made her shiver and her chest heavy, but she valiantly fought her urge to cough. The wooden boards creaked underneath her carefully taken steps until she reached the stairs. She stilled when she heard whispers coming from downstairs. Those were Mother and Father defiantly. She creeped down the stairs holding in the coughs. „... and today is still nice weather. It won't take long, I promise.“ Mother's soft and warm voice filled the silence.„But it is still dangerous. Remember, your uncle's mercenaries are still after us. My illusions might not be enough to protect you from such distance.“ Father's otherworldly, deep but melodic voice protested.„My love, please, think of our child.“ Mother pleaded. „You know how ill she gets during the winter. She can't even go out of the house. I really want to make her favourite soup, to cheer her up a bit. You know, the one with chestnuts.“Anari creeped closer to the door of the kitchen. Numerous magical lights in jars and candles illuminated the kitchen but Anari was still hidden in the darkness. Mother and Father stood close to each other, almost in the embrace. Mother was already wearing her winter robes. Her golden hair flowed down the dark, modest robes. The other taller figure was her Father. The hide of his lean body was mostly black, riddled with rune-like lines and scars but met with red streaks around his face and stomach. His head was crowned with two thick large horns facing backwards and six smaller ones. Underneath those horns were long pointy ears and angular face. He didn't wear much save few metal bands inscribed with runes around his muscular arms and his belt from which hanged down heavy cloth. The tip of his spiked tail twitched nervously.„You already went to the town few days ago.“ Father argued. „Besides, there are plenty of ingredients and other things in this house what you can use to make something. Few chestnuts are not worth endangering yourself.“Mother stared at him. „But there are only basic ingredients. And I am tired of cooking the same thing ...“Father pulled her closer to himself.„And how would Anari feel if something happened to you?“ He whispered.Mother put her head on this chest. „I know, but since the time of stillness has come, I want to make it better for us.“On this Father only sighed and buried his face in her hair.Anari, hidden in the darkness, couldn't hold in any more so she coughed.At this sound Mother chuckled. „Looks our little spy is awake.“Anari stepped out of the darkness. „Mommy, where are you going?“Mother kneeled to Anari's eye level. „I'm going to the market.“ And she cupped Anari's face.„My goodness, you are cold again!“ Mother turned to face Father. „We need to heat up the house.“Father's expression was hard to read. „I will do that.“„But Mommy can I go with you?“ Anari cut in. „Please?“„Oh sweetheart, you will get ill. It is better for you to stay.“ Mother said sweetly. „But when I come back we will do something fun!“ She gently pinched Anari's nose.„Miryam, you know that I can fetch whatever you need.“ Father crossed his arms. „It will be much faster and safer.“Mother chuckled and looked at Father. „Rather no, because the last time I sent you to get the apples you returned with barely ripe fruit and a headless goat.“ She reasoned. „I think it's better if I choose the food. Same goes for clothes. And everything human related.“„Ah, aesthetics.“ Father rolled his eyes.Mother looked at Anari again. „I will be back soon. Be good and listen to your father.“„Yes, mommy.“ Anari silently uttered.Mother kissed Anari on the forehead and turned to pick up the linen bags.Before she walked out the door she was stopped by Father.„Be. Safe.“ He said quietly.She caressed his cheek. „Don't worry about me.“Mother put hood over her head end went out. The door behind Mother closed shut, numerous of locks clicking together on their own illuminated by the red light of the runes that extinguished after all locks fell in place. Anari watched through the window her mother walking the path through the snowy glade only to disappear among the trees in the nearby forest.„Your breakfast is on the table. Eat it before it gets cold.“ Father said to her. „Then you have some studying to do.“ With this he turned around and almost without sound disappeared behind the corridor. Anari went to the kitchen and found still warm bowl of porridge on the table. And only that. Good, Mother didn't give her extra assignments so Anari will have at least some free time during afternoon. She ate her bowl of porridge, cleaned after herself and went upstairs to her room. She noticed that the hallways were not so cold and that heavy feeling in her chest passed. She sat at her work desk and tried her best to make herself to focus on the tasks at hand which wasn't easy while constantly feeling the pull to the outside and remembering how once Mother actually took her to the city to look for some clothes. When it was warmer of course. After a short while she started flipping through the parchments. Right now Father was the only one to give her assignments this time. Mother's assignments were mostly about literature, history or calculus. Anari found those a bit dull (except calculus) but she still did her best to learn those things. But Father always insisted Anari to learn reading these symbols and learning the „language of her bloodline“ will help her control her powers better. Once when she was with her Mother in the city she anciently set some boys hair on fire. To be honest, he was mocking her old clothes while he was wearing the finest ones. Luckily, Mother reacted fast and pulled her away before things got more complicated. When Father heard about this he just laughed. Although he did agree to teach Anari control. While being in that city with Mother, Anari noticed that the folk were mostly human. Similar to Mother. None of them were like Father. When she confronted Father about this he said that she will never find people like him on this plane. That he was a baatezu, more commonly refered as a devil, never a mortal. Anari continued studying the symbols, writing them, rewriting them, pronouncing them and writing them again. She spent doing that the entire morning. After she finished her assignment she was exhausted ... and hungry. She went down to kitchen and shuffled through the counters. At first she didn't find anything but she opened a small inconspicuous cabinet where she found some large chunks of dried meat which she ate with delight. While hiding in the cabinet. She once used this place as hiding spot when she played hide-and-seek with Father. Somehow Father always found her. Always. Now she uses this hiding spot for fun. When Anari ate her fill and got out of the cabinet she took a look through the kitchen window. The snowy glades were still illuminated by sunlight, and sun still looked high up. Anari perched her elbows on the window stool, cupping her own face. She sighed. What would she give just to go out of the house. Just a few minutes. She run her finger on the stool and realized it had a bit of dust on it. She could clean it. She didn't have anything better to do anyway. The floor could also use some cleaning. And then Anari had a wild idea. She could clean the kitchen! And then do extra exercises than Father gave her. And then maybe ask Father to let her out just a bit. She hesitated a bit on the last part. He won't be easy to convince. But if she explained to him that she really needs it, maybe he will oblige. What was the worst it could happen? So she got to work. She dusted the elements, swiped and washed the floor. After the entire kitchen was clean, she went to her room and dig into the parchments reading through the symbols practising pronunciation as clearly as she could. Some time has passed and she looked through the window of her room. The sun! It has started setting! But she wanted to go outside while the sun was up. Now she really had to get to Father.Anari walked down the hallway, passed the kitchen and walked dark corridors until she reached half open door of Father's private room. She peaked in. The room was mostly dark, with only source of light coming from few candles and red glowing complex runes drawn on the walls. The imagery of the room would seem sinister to a unsuspecting visitor. The runes combined on the far back wall into a complex glowing sigil in front of which Father stood, back turned to Anari. He stood almost motionless as in deep thought. His tail was slowly moving from side to side. „Papa?“ Anari asked timidly as she slowly entered the room.No response from Father. But Anari noticed his right ear ever so slightly flick towards her direction. He was listening.„I finished the homework you gave me. Even extra homework. And cleaned the kitchen.“ She continued.Still no response. Anari sighed. She needed to be a bit more confident.„You know, it's still sunny outside. And on sun it's not that cold. And...“ Anari uttered.Father almost unnoticeably turned his head to the side. That's it. Anari braced herself.„Can I go outside for just a bit?!“ Anari asked louder then she expected, almost puting her hands on her mouth.At this Father's tail stopped moving. He slowly turned to face her.„Come again?“ He said darkly.Anari felt her confidence waver. „I-I just wanted to ask if I can go outside? It's still nice weather. J-just a few minutes.“„That is out of the question.“ Father crossed his arms.„But it's so beautiful outside. Please I want to feel the snow, just a bit. Every day all day I'm at home.“ Anari protested. Or at least tried to. „Last time you went outside on cold weather for 'just a bit' you got pneumonia. You are still vulnerable to cold.“ Father pinned her down with his glare. There was annoyance in his voice and also a hint of growl. „You are staying here.“Anari knew she had to tread carefully now. She angered Father only once and she didn't want to do it again.„I-I know. I just want to see the clouds while being out a little not just through the window. I cleaned the kitchen and did extra homework just for this. Just for few minutes outside.“Anari bravely took a step towards Father.„And if you let me, I won't ask for it this winter anymore. I will do what you say. whatever you say. Please.“ Her voice was shaking.There was no response. Father was just looking, no glaring at her.Anari was starting to think this was a lost cause. She was preparing to apologize for her intrusion and go back to her room.„Do I have to check?“ Sudden Father's voice shook up Anari from her thoughts.„What?“ Anari was perplexed.„I asked if I had to check your homework.“ Father continued. „To see if you did what you say.“„W-well I can bring the parchments here.“ Anari was already preparing to fetch her homework.„No need.“ Father's voice stopped Anari from realizing her intention.She looked at him quizzically.Father sighed and pinched the bridge of his nose.„Fine.“ He said not looking at Anari. „I will let you have your few minutes outside.“Anari could barely hide her excitement as she was bouncing on place with a big grin showing on her face.„But. I will go with you and you have to listen to me during that time.“ He continued seriously. „If I say it's enough, then it's enough. No pleads. No questions asked.“Anari with her wide eyes fixated on Father nodded quickly. „Good.“ Father led her out of his private chambers through the hallway into the living room with the fireplace. The heart of the house.„Stay here.“ Father ordered as he went through the wardrobe to look for something. Anari obeyed and stood looking around and into the fireplace.The walls were filled with runes again although they didn't glow as much as in Father's chambers and they blended well with the decorative paintwork of flowers Mother and Anari made. The runes were feeding out of the ever burning fireplace that kept the entire house warm.Father returned with a bundle of clothes he managed to dig out. He spend some time dressing up Anari in seemingly endless layers of clothes that didn't necessarily match. He put on her two scarfs, earmuffs, a beanie, gloves and on those mittens, few sweaters, boots and whatnot. Although he did have some minor trouble buttoning everything up due to his claws. In the end Anari was so much covered in clothes that only her eyes and some strands of her red hair could be seen.„That seems about right.“ Father mused examing Anari from head to toe.Anari tried to make few movements in this bundle of clothes and found it quite restricting. But she dared not to complain because Father would have just sent her back to her room.Father lowered himself at Anari's eye level. „Listen to me now. I will let you out and stay close by. If you feel severe discomfort or pain in your chest tell me immediately and I will get you in the house. Understood?“„Yes, papa.“ Anari's muffled answer came under underneath multiple scarfs.„All right.“ He got up and led Anari to the door of the house. With one wave of his hand the runes on the door light up and locks clicked out of their place. Father opened the door and nudged Anari outside closing the door behind him and leaned on the nearby porch column.Anari descended from the porch and stepped into the soft snow. She could still see Mother's footprints in it. She enjoyed the fresh air for first time in weeks. She looked up the sky and saw a red sunset. The snow further ahead seemed to light up with the same color.The sky was a dance of red and purple as pink fluffy clouds sailed towards the sun and bringing a winter breeze along with them. Tiny snowflakes were falling here and there. Anari looked over the house that seemed much smaller on the outside due to Father's illusions. Darker clouds were gathering to take the place of the fluffy pink ones. She stood there for a few moments taking in the scenery. After some time she felt the familiar stinging discomfort in her chest. Ignoring it she went towards nearby bushed crowned with frozen branches and icicles taking slow steps in the snow and listening to the squeaking sound. Her hands were getting painfully cold. She looked through the crystalline icy formation and the image entire scenery fractured into a dance of red light. Her chest seemed to protest already. Despite that, she felt so happy. Maybe she could ask Mother to together draw the scenery on the kitchen walls. She turned around and gathered an armful of snow and threw it high up. As the snow was falling it reflected the fiery red sunset before falling into back into the heap. Anari giggled with glee as she repeated it. Her chest was stinging her and she could hardly move her fingers underneath her gloves. But she didn't care about it as she was so cheerful. And she threw the snow again. The pain was getting worse. She threw the snow again but this time she hunched over and started coughing violently. The snow fell on her back. Every breath seemed immensely painful. She didn't even hear Father approaching behind her.„That is enough.“He said as he effortlessly scooped her up and carried her back in the house. Anari took one glimpse of disappearing sunset before Father closed and locked the door behind. He took her to the living room and set her near the fireplace.„Why didn't you tell me?“ He asked sternly as he was firmly holding Anari by her shoulders.„Papa, I'm s-sorry. Just... it was so beautiful. I didn't want to leave so soon.“ Anari fought the coughs underneath her scarfs.„Prolonged exposure is dangerous for you. Do you even realize what could you have done to yourself?!“ Father held her fast.„I know. I am so sorry. I wasn't being disobedient, I swear. I just... forgot.“ Anari bowed her head in shame.Father sighed in disappointment as he started unwrapping her from all the winter clothes she had on herself. He threw all clothes on the floor. Anari still had her head down.Father placed a claw under her chin, gently urging her to look up. „I know it is hard for you. But you have to understand that I am doing this to keep you safe and healthy. So is your mother.“ Anari's tearful eyes were were looking at Father's red eyes.„Once you are older and stronger, you will be able to spend as much time as you want, anywhere you want. But you have to be patient until then. Can you promise me that?“ Father said tenderly as he caressed her cheek.Anari looked down defeated.„Can you promise me that you will be patient?“ Father repeated the question as he gently lifted up her face.Anari was hesitant but managed to smile a bit and made a small nod.Father chuckled and smiled baring his sharp teeth. „Good. Now let's get you warmed up.“He led her near the fireplace and when he had her settled near the fireplace he picked up the clothes on the floor and threw them in the basket in the corner. Then he disappeared out of the the living room. Anari sat near the fireplace in quiet trying to warm up her cold hands. She didn't even realize that her hands almost turned blue and were full of blisters. Nevertheless, she enjoyed the comforting warmth of fire. Soon, Father, came back with some box in his hands and sat down beside Anari. He opened the box of dozens of small and different black and white figures. The box was also a game board.When he finally had everything arranged he asked. „Do you want to play chess?“At this Anari smiled.And they played for some time. Father was winning most if the time but Anari did have him on edge few times. However, it was getting dark and Mother still wasn't home. Father was getting increasingly concerned about it. So much he wasn't paying attention on the game leading to Anari winning a round. While Anari was celebrating her deserved win, Father only smiled at her but still kept his attention on the door. Suddenly, Anari threw herself around Father embracing him tightly.„I love you, Papa!“ She said joyfully.Father chuckled at her. „I know.“Strait after, a key turning sound was heard from the door. The runes light up, the locks clicked out if the place and the door opened to Mother covered in snow.„Mommy!“ Anari ran to Mother.Mother closed the door and tried to shake off the snow. „Sunshine! Oh, don't hug me now, I need to change. I'm full of snow.“Mother set down her bags and took of her coat. Then she hugged Anari and playfully tickled her. When Mother saw Father walking in she spoke to Anari.„Sweetheart, take these bags with chestnuts to the kitchen and wash them. We will make chestnut soup!“„Yes, Mommy!“ Anari voiced in excitement.Mother kissed her on the forehead and let her go with the bags. Anari put the bags on the table and poured out the chestnuts. She light the fire on the stove, then she took a large bowl and filled it with water on the kitchen fountain. She cleaned the chestnuts and repeated the process. During all that time she heard Mother's and Father's voices but didn't catch the entire conversation.„...and i almost made it before blizzard. How was Anari doing?“„She was doing fine, we...“„... yes, and farmers said that winter came too soon, everything froze...“„It went fine, I didn't have to hide all the time. I didn't see them but...“„Were you followed?“„No, I don't think so.“Anari continued washing the chestnuts and admiring them how big all of them were. Usually they were smaller. Especially during dry seasons. She heard door of the house open and close. Shortly after Mother walked into the kitchen.„Perfect! Now we shall make small cuts on them so they can be peeled nicely.“ Mother said in her usual warm tone.Anari looked around and but didn't see Father.„Mommy, where is Papa? Did he go out of the house?“„Yes, honey. He just went outside to check something. He will be back soon, don't worry.“„Ok.“They continued with chestnut preparation, both looking forward to a lovely dinner.

Mature Content

Mr Thinkalots Spectacular Space Journey book by funprintzz
Mr Thinkalots Fantastic Space Journey book by funprintzz
Poetic
The Falling Bits Of The MoonAs I was taking my canine out for a fine evening stroll.I soon noticed a fine pieces of rock scattered rock and massive rubble across the streets.It was a fascinating site to behold. As I saw the moon crumbling to pieces and falling from the Heavens.My Elderly Neighbor. Having emerged from her home to take notice of the interesting site to Behold.Stood beside me as she and I engaged in a short conversation."Well, it would look as if the moon is burning out and will collide with a few areas of the earth soon" My Neighbor Said."Is Our Town Of Them" I asked? Not having kept up with the news."No". "The Massive Chunk's Of The Moon Have Already Collided With The Ocean" She Said."We'll just be getting hit with a few small bits of it hear and there in populated areas" She Said."Although The Folks On The News Are Doing Everything They Can To Blow This Out Of Major Proportion like it's the end of the freaking universe" " She Said.I couldn't help but groan at that stupidity. Hence Why I never tuned into the news."I'd better go back in my house and call my insurance company about any holes that were made by the falling bits of moon" She Said."You might want to make sure of it no items or furniture was destroyed" I yelled to her as she was making her way to her house!"Good Idea" She Yelled Back!I looked up to the dying moon. Knowing the whole night sky would be far more darker than ever and the beautiful creation would no longer act as a flashlight for me.I then looked at my pet."Should we head home, get out the lawn chairs, and have one more precious view of the moon before it goes away completely" I asked my pet?"Arf, Arf (Oh Yes Let's)"!And so we traveled homeward bound. Hoping to take one more long and clear look at an old friend in the sky. Wishing her a decent goodbye before the night ended.
I'm Doing as Best as I CanI cannot help itThat it’s difficult for me to read subtle cues.I don’t want to complicate everything;I’m doing as best as I can I don’t want to complicate;I’m sure that I’ve upset peopleBefore I realize that, in shame;I’m doing as best as I canNaïve since my childhood,I still struggle to understand my awkwardness;People seem to like me, although I don’t believe it;I’m doing as best as I can I still see myself as a problem,Terrified that I will do something wrong again,My continual presumption of the worst;I’m doing as best as I canI know that I’m picky,Pedantic, my particular interestsThat make me difficult sometimes, so tedious;I’m doing as best as I can There are my continual second thoughts on myself.Communication is complicated, it’s difficult for me;Body language and facial expressions;I’m doing as best as I can I don’t want to do any harm.I wish that I could forgetEach blunder but I need them;I’m doing as best as I can I still yearn for the affections of a good man,And where do I begin? How will I understandEverything? Will he care?I’m doing as best as I can What man would want a botch-job?When would he become fed up with me?In my own view, I am defective;I’m doing as best as I can I don’t want to annoy anybody.I know that it’s difficult for me to readOther people, I want to do good;I’m doing as best as I can I still have more compassionFor others than for myself, self-scolding,Although those close to me insist on my virtues;I’m doing as best as I canPromise me that I’m not self-centered,Selfish; I want to do good, althoughIt often seems that I annoy others sometimes;I’m doing as best as I canTha Mi ‘Dèanadh Mar a b’Fheàrr a ‘s Urrainn Dhomh Chan urrainn dhomh a leasachamh ˆ--ˆ-ˆ--Gur e doirbh dhomh a leughamh forfhais. ˆ-ˆ-ˆ-ˆ-ˆ-Chan iarr mi a cho-fhilleamh uile; ˆ--ˆ-ˆ--ˆ-Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomhˆ-ˆ-ˆ-ˆ-ˆ-- Chan iarr mi a cho-fhilleamh;‘S cinnteach mis’ gun coir mi luchd tro chéileMus gabhaimh mis’ a-steach sin, fo nàire.Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomh Soineant’ o chionn mo leanabas,Strì mi thuigsinn fhath’st mo mhì-dhòigh; coimhidimhGur toigh le daoine mi, ged cha chreid mi;Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomhChì mise fhéin mar docair fhath’st,Fo h-oillt gun dèan mis’ am mearachd eile,Mo ro-bheachd maireann a’ char as miosa;Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomhTha fios a’m gur mis’ mion-chùiseach,Beadaganach, ùidhean àraidh’ agamNach eil mi cneasta uaireannan, cho leamh;Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomh Th’ann m’ath-bheachd maireann ormsa fhéin.‘S toinnte conaltraidhean, ‘s doirbh dhomh ead;Cànan na bodhaige’ s fiamhan aodainn;Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomh Chan iarr mise ‘dèanadh cron.‘S miann leam gum b’urrainn dhomh a dhearmadGach iomrall ach tha feum a’m orra;Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomh Iarraimh mi an gaol fhath’st dhuine chòir,‘S càit’ a thòisicheas mi? Dé mar a thuigeasMi uile gnothach? Nach bi e coma?Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomh Dé ‘m fear a dh’iarramh gròige? ˆ--ˆ--ˆ-Cuin’ a bhiomh e seachd searbh sgìth dhìomsa? ˆ--ˆ-ˆ-ˆ-‘Nam fhradharc fhéin, tha easbhaidheach mise;Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomh Chan iarr mi a bhuaireamh neach.Tha fios a’m gur doirbh dhomh a leughamhLuchd eile, ‘s miann leam a dhèanadh math;Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomh Tha tuillidh co-fhaireachdainn fhath’stA’m air càch na orm fhéin, féin-chàineamh,Ged leanaimh luchd mo ghràidh air mo bhuaidhean;Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomhGeallaibh dhomh nach mis’ starachdach,Féineil; ‘s miann leam a dhèanadh math, gedCoimhidimh e gum buair mi càch uaireannan; ˆ--ˆ-ˆ-ˆ--Tha mi ‘dèanadh mar a b’fheàrr a ‘s urrainn dhomh...
Fanfiction
Sharrot Belledary: Chapter 2 (Japanese Version)アーノルド-ベルダリー将軍の本部で、アンドレイ-ジェンセンは甥のシャロット-ベルダリーとクラウディア-ホッジンズ大統領と話している。 そして、社長にライトレールの起源について説明してもらいましたが、:"それはすべて、存在の始まりと人生のすべてから始まりました。 野心と強迫観念は、過剰のために人生の歴史の中で最も強い暗い側面の一つを持っている良いものです。正常な野心は巧妙なキャリアのために勝たれるべき目的を断定的に置く専門家のために基本的である。 しかし、過度の野心は、人間が上がって、道に沿って人々が死んで負傷したままにするので、非常に有害です。 比喩的にも文字通りにも死者と負傷者。 無限の野心はしばしば人々の無意識に生息し、したがってそれらによって知覚されないことに注意することは興味深い。 過度の野心は、強迫的および強迫的な行動と、人々が目標に到達し、夢を達成するのを妨げる最小限のまたは決して決して野心に関連しているからで 忍耐の欠乏のために人を非常に限られ、排出されて残すこと。そして、強迫観念ははるかに悪いです。 人がこれのあまりを持っていれば、彼は強迫観念を甘やかされて育ってもらうことによって単にフリークできるので、悪い行動、損なわれた人間性、等を持だからこそ、Lightrrorsは、人生のすべてのことに野心と強迫観念を持っているという完全な欠点を持っているので、結果に直面する可能性があります。そして、あなたが見ることができるように、野心と強迫観念は、過剰のために人生のすべての生き物の中心的な制限です。Azathothは、彼の長男であるAnavolosを含む、一度、すべての、そしてすべてのために、終了しますすべてのもののちょうどベースを作成しました。 そして、すべてのもののためのすべての基盤を作成した担当者は、一度、すべてのために、そしてすべてのために終了し、またAzathothを作成した人は、Zuxxius、明快さと剥離の神、神々の神です。"その後、シャロットは彼の顔に指を置き、ミキサーのように混合し、ホッジンズは驚いています。 そして、シャロットはホッジンズが不必要に他の人にやろうとすると何が起こるかを知っているかどうかを尋ね、シャロットはホッジンズに触れようとする。 しかし、シャロットは彼に触れることができず、ホッジンズのビジョンではシャロットがいなくなっている。 しかし、彼のビジョンでは、シャロットは、彼が離れてホッジンズの顔から彼の指を引っ張っていたので、登場していた、とシャロットは、ホッジンズが見る:「なんだこれ!? 彼の体は沸騰して混合しています! 待ってない、私はこれが何であるか知っている! ボディストップですよね? MakkapitewはすでにLeidenschaftlichでこれについて私たちにすべて話していました。"シャロットはテレパシー的に考えました:「マジか? これは、非常に間違った理由で正しいことや間違ったことをしたり、間違いを犯したりするのを防ぐことができる機能です。 よくやった、私の友人。"ホッジンズは言った:「はい、ありがとうございます。"シャロットはこう考えていました:「そうだな。.."3時間後、アーノルド-ベルダリー将軍のオフィスの真ん中で、彼は部下の兵士、彼の次男、シャロット-ベルダリー、クラウディア-ホッジンズ、ブラッドリー-アルフィン、ウィルフレッド-カウマン、アンドレイ-ジェンセン、ゼーン-アッカーマンの間で会議を開催している。アーノルドはこう言いました:"したがって、紳士淑女の皆さん、私はブーゲンビリア家の存在と遺産が終わりに近づいているという一歩を踏み出しました。 したがって、それを回避する方法はありません。 それは不可能だ。 しかし、ベルダリー家とブーゲンビリア家には永遠のライバル関係があることを私たちは知っています。 そして、第一次世界大戦での息子のシャロットの大勝利のおかげで、ブーゲンビリアが世界の力を失っている間、ベレダリーは偉大な世界帝国になりました。 しかし、DietfriedがGilbertを除くすべてのブーゲンビリアを殺したので、それについて言うことは何もありません..."そしてアンドレイはこう言いました:「俺にも言わないでくれ、男。 ディートフリートがアナヴォロスと同盟した後、ベルグランド姉妹の全知が活性化され、バイオレット-エバーガーデン、ブーゲンビリア家などについて知ったことは言うまでもありません。 そして、彼らはこれが彼らが見たものからすべて真実であるかどうか尋ね、躊躇せずに、私は全体の真実を伝えなければなりませんでした。""私は知っている..."アーノルドは冷静に答えた。多くの話の後、彼らは分割することにしました:アーノルドは、彼が犯した彼の怪物と犯罪のために、Dietfried Bougainvilleaに対する全世界のための世界的な演説を開始する前に、彼の息子が戻るのを待つことができるようにここに滞在することを決定しました。; そして、シャロット、ブラッドリー、ウィルフレッド、ホッジンズとゼーンは、彼が世界にもたらした高い不道徳と不公平のために、海軍のディートフリード-ブーゲンビリアの世界的な罰と完全な解雇の条約と署名に署名するためにライデンシャフトリッヒに行くことにしました。彼らは最終的にライデンシャフトリッヒに到着したとき、ゼーンはすぐに言った:"注意、ライデンシャフトリッヒの人々! シャロットBelledary、第一次世界大戦の偉大なチャンピオンは、到着しました!""先に行く、少年。.."ブラッドリーはシャロット幸運を願って言いました。だからシャロットはゆっくりと階段を下り、ボートから出て歩いた。 その後、シャロットはゆっくりとLeidenschaftlichを見回し、言葉や表現を見せません。ほとんどの場合、Sharrotは非常に静かで内向的です。 他の人がたくさん話す特定の時間に、シャロットは決して話しません、そしてこれの理由は注意を引くことではなく、人生の状況を悪化させないこその後、シャロットはヴァイオレット-エバーガーデンの知人であるカトレア-ボードレール、ベネディクト-ブルー、ルクス-シビルと出会う。 そして、昨年12月からヴァイオレットの新しい知り合いでもある2人の女の子:エリカ・ブラウンとアイリス・キャナリー。 そして、シャロットは彼らの名前を言って、それぞれに指を指し、他の人は驚いたままにしました。「それで、あなたはバイオレット・エバーガーデンに精通していますね?お会いできて光栄です...」とシャロットは言いました。「え?バイオレットについてどうやって知ってるの?」 ベネディクトは尋ねた。「私はちょうど彼女とあなたについての情報を得ました…」シャロットは言いました。シャロットはすぐに会話を終え、マリーナの兵舎に向かいます。"ねえ、ちょっと待って!" ベネディクトはシャロットと話したいと言ったが、ブラッドリーは彼を止めるために彼の胸に手を向けた。そして、シャロットはマリーナに到着し、それはEckhart Munterによって提示され、二つはお互いに軍事姿勢の位置を作り、片手だけが占有されている限り、右手は敬礼を実行するために自由でなければなりません。 その後、シャロットは2時間以内にすべての条約に署名しました。CH郵便会社での彼女の仕事の間に、バイオレットはシャロットBelledaryが到着したことを知った、と彼女はギルバートとおしゃべりとして、彼女は心配して尋ね:"だから少佐、なぜ我々は氏Dietfriedを殺すからシャロットBelledaryを停止することはできませんか? なぜ...?"とギルバートは非常にしっかりとバイオレットを抱きしめ、答えた:「いいえ、バイオレット。 私たちが彼を止めようとしても、私の兄弟がこの世界にもたらした大きな不公正と不道徳のために、私たちは世界の政府の偉大な証人になることができました。 その上、私はもはや彼への愛と尊敬を示す理由がありません。 それがあなたの本当の性格です。 彼は非常に未発達で不道徳です。 アンドロー・ジェンセンがあなたを創造した理由は悪のためではなく、あなたが小さい頃からその島の住民を永遠に守ることができるようにするためでした。 そして、アナヴォロスの命令で彼を操ったのはマッカピテウでした。 すみません、バイオレット..."でも、非常にショックを受け、それによって怖がって、バイオレットは涙ながらに答えた:「はい、私は知っています...私はDietfried氏がそのようなものであることを知っています。 しかし...彼は私たちを裏切ってこれをすべてやったのに、彼はまだ彼がやったことすべてを気の毒に思っていると感じます...そして彼はまだあなたを愛しています...しかし私は理解していません...なぜ人生で物事をするのですか常に変わる…? なぜ...? メジャー...メジャー...お願い...答えて...""ヴァイオレット。.."ギルバートは非常に心配し、涙に満ちたと述べました。二人が抱擁しているように、若い男は驚くべきバイオレットとギルバートを終了し、異常なバランスで迅速に実行されます。 それはシャロットBelledaryだった。 ,"シャロット-ベルダリー!?"ギルバートはショックを受け、怖がって尋ねた。"シャロット...Belledary..."バイオレットは静かに静かに言った。彼はほとんど壁に触れるまで実行し続けると、シャロットは、建物の上に珍しい巨大なジャンプを取り、その後、他の建物にジャンプし続けています。人間の羨望と不満を恐れ、Dietfriedを殺す世界的な合意を恐れて、VioletはSharrotを追う。"バイオレット、行かないで!"ギルバートは非常に心配して言った。この時点で、シャロットはすでに建物から建物へのジャンプを停止し、他の場所で実行を開始し、その後、彼はほうきをつかんで、それで街灯柱に寄りかかって、不条理に速いターンを与え、非常に不条理なジャンプインパルスを与え、そのジャンプは、彼が彼の出発地にほぼ近いポイントに無数のキロを行ってきました。 それから彼は誰もそれを使用していない空のカートを見て、彼はそのカートを取って、それと一緒に走って、上に登って、彼は右の彼の目の前で、二人の子供が道を歩いているカップルを見ています。 そして、シャロットは、彼の絶対的な強さのために、彼の手でカートを保持し、それによっておびえているカップルと子供たちの落下を避けるために異常なその時点で、VioletはSharrotの後に長い間走り、物理的に自分自身を制限して地面につまずいてしまいました。 ヴァイオレットはしばらく床で休んでいて、涙と悲しみに覆われていますが、彼女はまだ彼女の偉大な意志と臆病の欠如のために敗北を感じず、立ち上がってシャロットを追いかけ、最終的にカートを使っている彼を見つけました。 そして彼女はギルバートの羨望と不満を避けたいので、シャロットがディートフリードを殺すのを止めようとしているだけです。 そしてちょうどその時、ギルバートが現れ、彼女を見つける。一方、シャロットは最終的に彼のカートで彼の出発点に到着し、大佐Jenlliot Belledaryのボートはほとんどそこにあります。 シャロットはカートで異常な回転ジャンプをし、それぞれの手の二本の指で地面に触れ、それらの指を使って別の回転ジャンプのためのブーストを与え、ボートに到達するために数キロの水平速度を持っていた。 ボートがLeidenschaftlichに着陸する前に、Sharrotは足でカートを水の中に落とし、それに別のブーストを与え、ロケットのように発射します。 しかし、代わりに誤ってボートを破壊するのではなく、シャロットは彼の力で彼の体の影響の影響を無効にし、彼の手の中にボートの弓を開催しました。 その後、彼は大きな飛躍を遂げ、弓の先端に足を持ち上げ、体操選手の姿勢で立って、足をまとめて腕を開いた。 そして、船の船員はこれに驚いています。"タ-ダー!"シャロットは、ユーモラスな賛辞を示す方法として考えました,任意の表現を示すことなく、,ただ、単一の笑顔を与え、彼の目を閉じます.この時点で、ボートは最終的にLeidenschaftlichに上陸しており、ZaneはボートにSharrotの驚くべき到着に感銘を受け、言います:"まあ、私は認めざるを得ない、このSharrotは本当にとにかく時間を無駄にすることはありません。 どのように皮肉な。.."ジェンリオットは、船員のおびえた声と神秘的な誰かの声の音を聞き、彼は何が起こっているかを確認することを決定し、船に誰がいるかを実現します。"シャロット!"Jennliotは6年後に彼の弟に会うために驚いたと述べました。シャロットは非常に異常な運動飛躍を取り、右の彼の兄の前に上陸しました。"こんにちはJenlliot. お互いに会ってから6年が経ちましたね、兄弟?"とシャロットを思った。"あなたとあなたのテレパシージョーク、ハァッ、弟? 非常に面白い。.."ジェンリオットはイライラしたと述べました。シャロットは弟に近づき、ゆっくりと手を取ります。"こんにちはJenlliotなので安心です。 簡単な冗談かもしれないけど...愛してる"シャロットは笑って言いました。「わかった。.."ジェンリオットは感情的に言った。二人はしっかりと抱き合って、強い兄弟愛を持っていました。"私もあなたを愛しています、シャロット。 ママはあなたを見てとても幸せになります。"ジェンリオットは喜んで言った。"私は知っている、男。"シャロットは笑って言った。"ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ! うわー、誰が知っていた! これは本当のSharrot Belledaryです! 常に非常に活発で、物事をはるかに認識しています!"ウィルフレッドは興奮して言った。「うん。.."ブラッドリーは微笑んで言った。バイオレットはシャロットの超自然的な能力におびえており、怖がって心配していると述べた:「彼は誰だ?どうして人間ができないような馬鹿げたことをすることができるのか?それは不可能だ。それが彼が第一次世界大戦で大勝した理由の一つなのか?」ホッジンズ、ベネディクト、Cattleyaと他の人はまた、その瞬間にバイオレットと同じであった、とベネディクトは怖がって尋ねた:「なんだこれ!? こいつは誰だ!? 彼はカートで回転ジャンプをして、船にジャンプすることができました!? どうやってそんなことができるんだ!? それはできません!"「なるほど。そういうわけで、シャロットは第一次世界大戦で大きな勝者です。その理由の1つは、シャロットがリトルバイオレットのように力の自信に焦点を当てることがないためです。それは、シャロットが強さの自信を十分に認識しているためです。シャロットは人生のすべてに嫌悪感、貪欲さ、執着心を示すことは決してありません。そしてシャロットもそれを確認しました。今ではすべてが理にかなっています...」 ホッジンズは冷静に言ったと非常に驚いて他の人を残して、感銘を受けました。「本気?"カトレアは尋ねます。「そうだな。"ホッジンズは言った。"うわー、私はそれを考えたことはありません。.."エリカは言った。"私は誰もがそのような異常なことを行う見たことがない。.."ルクスは言った。しかし、このような生き物は、どのようにしてそのような不条理なことをすることができますか。..?"アイリスは言った。ボートが到着したとき、ブラッドは言った:"さて、みんな、行く時間です! 家に帰りましょう! 次回まで、ホッジンズ大統領!"「気をつけて、ブラッドリー大尉!アーノルド将軍に敬意を表して!さようなら!」 ホッジンズは言った。ゼイン、ブラッド、ウィルフレッドは船に乗る。 しかし、彼らが去る前に、バイオレットはシャロットを止めるために彼らの後に行こうとしますが、彼女は地面につまずいてしまい、足が走って痛む。 彼女はそれのために多くのスタミナを無駄にしていた。 ギルバートが到着し、ヴァイオレットを助ける。 彼女は非常に悲しいことに言った:「なぜだ。..? なぜだ..? なぜ彼を止められないの?..? 私はこれが起こるのを防ぐためにすべてを試しましたが、しかし。.. I... I..."その瞬間は、ヴァイオレットが座って彼女の手で床を保持し、涙でいっぱいになり、ギルバートが彼女を保持して慰めて終わります。(曲は終了)旅行中、Zaneは母国に到着し、彼が去る前に、Sharrot、Jenlliot、Bradley、Wilfredに大きな計画について伝えます:"皆さん、行く前に、私が世界中を旅して、第一次世界大戦の勝者となる各国から最高の元兵士を募集することを明確にしたいと思います。 しかし、シャロットはこの戦争の世界最大の勝者だったので、彼は私たちの強力なグループを率いる人です。 そして、これらの偉大な兵士は、ディートフリードが世界にもたらした大きな不道徳と不公正のために、友人、家族、知人、家などの多くを失いました。 強力なアナヴォロスに備えましょう、分かりますか?"「わかった。"シャロット、ジェンリオット、ブラッドリーとウィルフレッドは偉大なアナボロスと戦う準備ができて言った。ゼーンの別れの後、ウィルフレッドは彼の国に戻り、シャロット、ジェンリオット、ブラッドリーは彼らの国に戻ります。家に到着すると、ブラッドリーは彼の妻と子供たちと一緒に、Belledary兄弟に語った:"非常によく、みんな、私はあなたの職業であなたのすべての最高の運を願っています。 そしてアナボロスの絶滅の後、私はあなたとベルグランド姉妹に最高の幸運を祈り、彼らと一緒に生きて素晴らしい人生を過ごし始めるでしょう。 "「ありがとう、ブラッド。 私はそれについて喜んでいる..."シャロットは笑顔だと思った。"私たちはあなたの優しさに感謝します、ブラッドリー大尉。 何か必要なものがあれば、一緒に来てください。"ジェンリオットは言った。「わかった。 ところで、私の兄でこの町の市長、ラッセル-アルフィンは、この町の混乱を証明するためにここに来ています。 私は彼がそのろくでなしDietfriedのようなantipathetic、不道徳で低心理的なものではないことをうれしく思っています。"ブラッドリーは言った。「本当に? 私はこれのために多くを期待していませんでしたが、6年後に再び彼に会うのは懐かしいでしょう。"とシャロットを思った。"ディートフリードはラッセルの元若い学生だった。 彼は他の種類の武道について多くのことを教えましたが、完全に物理的な相互作用と共感のようなものではありません。 そして、その理由は、彼がディートフリードは、人間開発の低レベル、高い反感と不道徳、および低い心理学を持っていることをジェイクBelledaryからの情報を聞いた そして、彼がこれらのことを持っている理由は、彼が難しい人生を持っているので、彼は困難で複雑な時代に住んでいたので、彼はそのように生まれた"ブラッドリーは言った。「もちろんだ。 気を付けてね。..."シャロットは、笑顔を考え、二人は腕レスリングで手の姿勢であるかのように、手を握り締め、それらを持ち上げました。 そして二人はさよならを言った。その間、彼らの間のビジョンは、DietfriedとEthanによって見られているAnavolosの領域に現れます。 ディートフリートは怒って握手をして言いました:「これは信じられない。.. シャロットは私に対する処罰条約に署名し、ライデンシャフトリッヒの上司はそれを承認した。.. この横柄なガキ。.. この世界は本当にゴミです。.. ブラッドリーは弟のラッセルと言った私の古い先生は今日町を証明するつもりだ あの不潔な老人。.. あの男をどれだけ憎んだか..""へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、".. あなたが大きな敵を作ったのを見ることができます、あなたは思いませんか?"イーサンは彼の偉大な熱意を持って言いました。その後、Jennliotはsharrotを本部に連れて行き、よくグループ化され、大佐の帰還を待っている彼の多くの兵士に彼を紹介し、そのうちの一人は言った:"ようこそ、ベルダリー大佐! 私たちは、先生、あなたのリターンのために非常に感謝しています!""私はあなたのすべての団結を見てとても感謝しています、男性! しかし、アーノルド-ベルダリー将軍の世界演説に進む前に、私の父、私の弟、そしてディートフリード-ブーゲンビリアの存在を終わらせる人、シャロット-ベルダリーを紹介します!""すべての雹大佐Belledaryの強大な弟!"兵士の一人は言いました。"卓越したシャロットBelledaryを称える!"他の人は言った、その後、すべての兵士は、彼らが今と同じフレーズを繰り返し続けました。数分後、アーノルドはDietfried Bougainvilleaに対する彼の世界的なスピーチを開始し、そのスピーチは世界のすべてのテレビ、ラジオ、新聞に放送されています:"注意、世界のすべての国! 私たちは皆、Dietfried Bougainvilleaが彼の弟、Gilbertを除いて、彼の家族のすべてを神秘的な理由で絶滅させたことを知っています。 私たちは皆、彼によって引き起こされる高い不道徳と不公平に苦しんでいます。 私たちはこの憤りに苦しみ、悲惨な生活をしています。 この世界の私たちは、その不道徳なマニアックと戦うために極端で世界的な同盟を構築しますが、私はこれがこの世界でお互いに対する反乱ではな 自由と安全のために、私たちは権利と生存のために戦わなければなりません。 この世界の私たちのすべては、この世界の状況と結果と戦うために団結しなければならず、また、人生のすべての野心と強迫観念の欠点と戦うために 長男のジェンリオット-ベレダリー大佐に残りをやらせてくれ"Jenlliotは継続して終了しました:"私はまた、私の父、アーノルド-ベルダリー将軍と同じ気持ちを共有しています! 注意を払って、私たちは他の選択肢がありません。 私たちは勇気と名誉をもって、大胆不敵に戦います。 結局のところ、私たちは私たちの惑星の擁護者です! 私はシャロットBelledary、私の弟は、このスピーチを終了させます!"そして、シャロットは黄金の鍵で終了するために次のフォローアップを取りました:"私たちの現実に対処する方法を知ることは本当に難しいです、紳士淑女。 私たちのすべての生き物は、私たち自身の身体的困難、障害、心理学および他のものを持っているからです。 私たちはすべての生活の中で異なっているので。 なぜなら、ブーゲンビリアの家族の存在と遺産が崩壊すれば、どんな状況についても知ることは本当に難しいからです。 それがこの偉大な世界のスピーチの終わりです。 私はあなたのすべて、幸運を願っています!"次の日、夏のスーツを着た男は、フラッパーの女の子の子犬のかわいさを楽しんでいます。 しかし、動物が走ってくる前に道路に行って、その所有者の絶望を目覚めさせると、犬は不思議に車の前に消えました。 その後、犬はどこからともなく二人のそばに現れ、彼らは非常に混乱し、理由を知らないままにしました。その後、それは男と女の子と一緒に犬をテレポートするために指一本だけを持ち上げ、必要からこれをしたシャロットだったことが明らかにされます。 この時点で、シャロットはテレパシーで、彼は彼のブリーフケースで歩いて、無数のもので自分自身を相互作用し、実用化し、彼の人生に行きながら、状況につい:「ああ、それは近いものだった。 こんにちはます。 私の名前はSharrot Belledaryであり、私はLightrrorの力のためにPSIユーザーです。私は私の精神的な力で何もしなかった場合ので、二つの事件があるだろう、一緒にまたは別の他の靴に立って:最初に、私は結果を避けるために問題を解 第二に、私の力は自動的に問題なくこの問題を解決することができます。私は外では普通の男かもしれませんが、内側では、私は大きな異常です。 私の誕生から10日後、私は大声で話すことなく、私の両親の心の中で私の最初の言葉を言いました。 私の誕生の一ヶ月後、私は歩くことができました、そして私の浮揚のために空中を歩くことさえできました。 私が1歳のとき、父の飲むガラスが壊れていることに気づいたので、私は初めて意識的に私の力を使用し、ガラスを復元しました。 私が2歳のとき、私は非常に高いレベルのアーティストを示しました。 特定の状況では、私は私の家族や友人の誇りを守るための方法として、幸せな子供であることが判明しました。 私は常に大きい必要性のために非常に異なった行動、態度および人格を示す。 私の力は私の人生を不名誉にすることはありませんので、私の人生は非常に簡単です。 この例を見て、その理由を理解してください。"シャロットは、遊びで子供たちの束をよく見て取得し、彼の念力を使用して、それを変換しようと、それらに向かって彼の開いた手を上げますが、何も起こ「ほら? 私の力に大きい必要性のための生命の大きい情況そして結果を避ける非常に間違った理由のための正しく、間違った事の大きい無形不利な点が 私の力は自動的に時間を停止するので、私は無限の絶対的な強さを示すことができます。"彼の力のために時間が止まったので、Sharrotはゆっくりとした指の単純なフリックだけを与え、宇宙、Multiverses、Hyperverses、Outerverses、無限、all for allなど、存在するすべてのものを破壊し、神この偉業を示し、すべてが神に正常に戻ってしまった後、Sharrotはすべてを破壊するのをやめ、思考しました:"印象的な、あなたは思いませんか? そして、私はあなたに一つのことを告白します、すべてのライトレールと私は私たち自身の力のための強迫観念と野心のいずれかのオンスを示したことがないと過剰な欠点は、我々は彼らがそれらを維持したいという自己意志のイオタなしで、権力の側の影と戦うために永遠にそれらを使用しています。 私たちが私たちの力に執着し、貪欲になろうとするならば、私たちは状況を避ける方法としてこれらのことを持つという無形の欠点を持っています。 パワーは残念ながら、それは人々の大半を変更しているためです。 しかし、深いダウン、パワーは本当に人々を変更しません、それは本当に彼らが誰であるかを示し、彼らの行動を変更し、悪化させ、それらをマスクを解除し、彼らの本質と虚栄心の追求を説明します。これはすべて、Lightrrorsの絶対的なナンセンス、明快さと離脱のレベルなどのために、Lightrrorsが絶対的な無限大の全能者よりも優れている理由を説明しています。"パワーのダークサイドの例:,,,その後、シャロットは叫び声を聞き、窓から個人的な食糧の上でカップルが戦うのを見ました。 その後、彼は彼の精神的な力を使って、カップルの気持ちがラジオの音のように外で聞こえるようにします。 ショックを受けて何が起こっているのか分からなくても、夫婦はお互いについて考えてほぼ1分を過ごしました。 しかし、そうであっても、彼らは簡単に仲良くなって、お互いを愛するように戻ってきました。その後、シャロットはシャロットが非常に得意であることが証明された多数の作品を続け、シャロットの無限に高いレベルの超自然のために、それぞれが一日だけ、彼らの共通の作品の閉鎖の最後の日に2日間の仕事をしています。 そして彼の職業は次のとおりである:建築家、芸術家および芸術の彫刻家、化学者、Assayer、冶金学者、技術的なエンジニア、獣医の外科医、医者、Osteopath、タクシー運転手、歯科医、デそして、Sharrotはzane Ackermanがchampions of warに到着し、Sharrotと彼らが連邦法局(FBL)の代理人になるまでそのようにとどまります。 三週間後、Zane Ackermanは第一次世界大戦の勝者となった新しい兵士と現れ、Zaneは言います:"こんにちは,Sharrot. 元気?""こんにちはZane、どのよう。"シャロット氏は述べています。シャロットはゼーンの隣に立っている人々を直接見て、シャロットは驚いて考えています:"待って、私は彼らを知っています。 彼らは私が戦争で一度に会ったのと同じ兵士であり、自分の国のために戦い、他の人と同盟しています。.."「その通りだ。 第一次世界大戦の終わりに、私たちは多くの国の偉大な成果と戦争での偉大な勝利のために、メダル賞の島に彼らと一緒にいました。 そして、私たちはそれらをよく覚えています。"ゼーンは言った。「そうだな。.."とシャロットを思った。そして、それぞれがシャロットに自分自身を紹介しました:リッキー Quisbert、淡い緑の髪とエメラルドグリーンの目を持つ牛のブルーザーは、緑の服を着て、オイルブルーリ; ファーガス-フォーブス、猿の不自然な外観とパステル紫色の髪を持つ小さな男は、彼は第一次世界大戦の終わりにライデンシャフトリッヒ軍を攻撃したロハンド騎兵のリーダーと同じ演習の一部であり、ファーガスは彼の知人のほとんどを失い、いくつかが残っているように。 スカリー将軍、騎兵の指導者でさえ、彼は彼の犯罪に対する罰としてだけでなく、彼の人生で苦しんでいた苦しみのために彼の魂を救うために、彼の兄弟を殺すことをロハンドの上司に約束した。 ファーガスとスカリーは特定の理由でこの騎兵隊の指導者を非常に信頼していませんが、彼らはまだ彼を尊敬し、賞賛しています。"私たちは最終的に再びお互いを見つけたので、私はとても感謝しています、スウィーティー。"彼女はシャロットの胴体に手を置いたとしてソフィーは言いました。"あなたは思う。..?"シャロットは笑顔で尋ね、片方の眉を上げ、もう片方の眉を下げました。"あなたは、小さな相棒を賭けます。 私は私の先生と私の支援の仕事をしていた間、それは私のための厳しい時間でした。 私の二人の女の子の友人はいつも私にこれで安心を与えます。"リッキーは言った。"あなたはこれを信じることができますか? 難しいように聞こえるかもしれませんが。.. それは誰もが特定の理由のために考えることができるものです。 私は彼らと一緒に住んでいた間、私は私の友人を知るようになったことはありません。 私はこの理由を本当に理解していませんでしたが、私はすべての軍のテストに合格し、あなたのような非常にインタラクティブで実用的なスキルを持っていたためのLightrrors遺伝学を理解すると、私は最終的に真実を得ました。私の共存の欠如の理由は、私の国の人々のように、私は人生で多くのことに対処するために身体障害に苦しんでいるからです。 そして、それは私が解放され、これらの欠陥の治癒しているLightrrorsの遺伝学のおかげでした。.."久司は言った。「まあ、まあ、まあ。 私はそれを言うことができるとは思わなかったが、誰もが尊重する権利を持っています。 私たちは再び一緒に来たどのような名誉。"ファーガスは興奮して言った。「そうだな。 あなたはそれを信じることができます。.."シャロットは賞賛の賞賛を示す方法としてファーガスで指を指して、笑って言いました。その後、彼らと一緒に来た多くの人々が現れ、Sharrotは考えました:"こんにちは者となります。..? 非常に多くの人々。..""彼らは、彼がアナボロスと提携する前にDietfried Bougainvilleaによって行われた高い不道徳と不正の虐殺の間に生き残ったこれらの元兵士の知人、親戚や友人です。 私はこれらの家の所有者の何千もの古いものがディートフリードによって引き起こされる不道徳な虐殺の間に殺害されていたので、この町で販売され""ああ、私に言わないでください。.. 彼らは私たちの新しい近所になることを意味していますか? どのように素敵な。.. へぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇ.."シャロットはゴシップを実証し、言いました。"非常に面白い、ブロンディ..."ゼーンは言った。"誰もが自分の方法を持っているように、えっ、チャンプブラット?"誰かが言った、そしてそれはラッセルアルフィン、ブラッドリーの兄であることが判明しました。"ラッセル氏、どのくらい前に。 物事はどうですか?"ラッセルを歓迎し、シャロットを考えました。「相変わらずテレパシーですよね? また会えて嬉しいよ あなたは今、男です。 ブラッドリーの前に私を知っていたので、あなたは特定の個人的な理由であなたの友人のアスタを探していました、覚えていますか?"ラッセルは昔のシャロットを思い出させる、と述べた。「はい、覚えています。 私は昨日のようにそれを非常によく覚えています..."シャロットは彼女の過去を思い出したと思いました。(フラッシュバックが開始されます)ある午後遅く、FBLの船長ラッセルは彼の部下に話している、と彼らは約10秒間仕事に出かけるように彼は彼らにさよならを言うとき、ラッセルは走っていて、誰かを探している12歳の少年を見ています。 それは考えたSharrotだった:"アスタ! アスタどこにいるの?"ラッセルはすぐに叫ぶ:"こんにちは!"少年は彼の存在下で声を聞き、停止し、言葉を言わずにラッセルを見ます。 ラッセルは、彼が前に彼を見ているように見えるように少年を見て驚いています。「何をしているのですか?"ラッセルは尋ねます。"私は、先生、私の友人を探しています。 彼女の名前はAsta Berglandです。"とシャロットを思った。「え? 誰がいる? 誰が話してる?"ラッセルは話している人を見るために周りを見て尋ねた。"それは私だった、先生。 あなたが今そばにいるのと同じ赤い目のブロンドの少年。"とシャロットを思った。ラッセルはこれを理解するために驚いて、金髪の少年を直接見ます。「そうだったな。 あなたのテレパシーを使って人々の心とチャットしていますか? 興味深い..."ラッセルは喜んで言った。「どうした? どうしてテレパシーを知ってるの? 分からない.."とシャロットを思った。「後で説明します。 そういえば、アスタ-バーグランドって誰ですか? 彼女はどのように見えるのですか? そして、それはどのようにすべて起こったのですか?"アスタの顔の知識と事件の理由をラッセルに尋ねます。シャロット思考:"ここでは、先生の事です。 それはすべてAstaが彼女の友人と散歩をしているときに始まり、彼らが広がって迷子になったとき、Astaはそれらを探し始めました。 アスタはそれらのほとんどすべてを発見し、歩道にそれらを置くので、この検索では4時間かかりましたが、一人の女の子だけが行方不明でした。 アスタはどこでも彼女を探そうとしましたが、彼女はできませんでした。 だから私はどこでも彼女を探しているのです。"「そうか。 心配するな息子よ どこでも彼女を探しています。 そんなに頑張らなくてもいいんだよ。 それが私たちの仕事です。"ラッセルは言った。「わかった、先生。 彼女と私が走り回っていた場合に備えて、私たちはさらに迷子になる可能性があるので、私は彼女を見つけるために走る必要はありません。 それに計画が必要だ だから、彼女がこのように来るのを待ってみましょう。"シャロットは計画について説明したと思いました。「これは本当ですか? 私はこれが一種の危険であることを知らない。 しかし、今回はそれをあなたの計画にしましょう。"ラッセルはシャロットの計画に同意したと述べた。彼らは計画を動作するように開始すると、ラッセルは彼の耳に話し、低い声で尋ねます:"しかし、私は質問があります。 お前だ.. ライトエラーですよね?"「何だ。..? 何言ってんだよ。..? お元気ですか?..?"驚きと混乱でシャロットを考えました。"私は後で話をしましょう、今のビジネスに取り掛かることができます。"ラッセルは計画を開始する準備ができて言った。このすべての時間の後、アスタは最後の女の子を見つけ、彼女を出発点に置きます。 しかし、彼らが去る前に、街にテロ攻撃がありました。 だからアスタは彼女の友人に言った:「行け。.. 私は彼らの世話をします。.. あなたは生きなければなりません。.. 自由になるために。.."「いや、アスタ! 行けない! 危険すぎる! あなたは子供です!"女の子の運命を心配して、先生を叫んだ。「心配するな。 私は大丈夫です。 また会えて嬉しいわ 約束する.."アスタは言った。「しかし、アスタ。.."アスタの友人の一人は、彼女に何が起こるかを心配したと述べました。"私にとってもっと重要な人がこの町にいると感じています。.. 行かないと.. 気を付けてね。..."アスタは、テロリストの虐殺から人々を救うために行くと述べました。"アスタ!!!"非常に心配して先生を叫んだ。車は先生と女の子は非常に心配して残して、離れて駆動します。一方、Fblでは、ラッセルは驚きで尋ねた:「これは何だった。..?"その瞬間、男が現れた:「失礼しました、アルフィン大尉! 私は悪いニュースを持っています! この町でテロリストの虐殺があった!"「何て言ったんだ。..? テロ攻撃だ..!? じゃあみんなをここから出よう! すぐに他の人に知らせてください!"ラッセルはエージェントを注文しました。「はい!"エージェントは命令に従うと述べました。「いや、これは俺に任せてくれ。.."シャロットは言った。「何を言ってるんだ、小僧!? それは子供のためにあまりにも危険です!"エージェントは少年に警告言った。"彼は話すことができますか? 無言だと思ってた しかし、それは驚くべきことです。.."ラッセルはシャロットについて考えました。"少年、あなた。.."ラッセルはシャロットが何をしようとしているのかに大きな好奇心を持って言った。"私は私がやっていることを非常によく知っています。 ちょうど見て、学ぶ。.."シャロットは、彼ができるものを彼に示すと述べました。神話の偉大な瞬間が始まり、シャロットはスキルと非常に不条理な相互作用を実証し始めます。コーナーに隠されたまま、高いレベルのステルスのために敵の注意を引くために特定のヒットを作り、誰も傷つけたり死んだりさせないために多数のテレポートを使用し、敵の首を壊して弾丸に対する盾として使用し、絶対速度を使用して時間を凍結し、あらゆる状況を避け、様々な敵をつかんで集め、ホーミングミサイルのようにお互いに投げ合うなど。 そして、アスタはまた、彼らはまだ会っていないにもかかわらず、シャロットと同じすべてをしました。シャロットは、もう一人のテロリストが殺されるべきだと感じている。 しかし、彼はテレポーテーションで彼を殺すことができる前に、アスタは、同じ力を使用して最初に到着し、山賊の上にマウントし、文字通り彼を殺し、彼の首"アスタ!"シャロットは彼の最愛の再会に驚いたと思いました。"シャロット!"アスタは同じ反応で言った。二つのアプローチは、高い感情的なシンプルさのために、任意の単語や反応を示すことなく、。"アスタ、どこにいたの? あなたは私を心配させました。.."シャロットは女の子の遅れを心配していたと思った。"ごめんなさい、私はちょうど私の友人を助けていました。.. だから時間がかかったんだ.. ごめんなさい.."彼女の柔らかく甘い態度を表現し、テレパシーでアスタを考えました。「わかった。.. これは正常に起こります。 私たち生き物は間違いを犯します。 それはしばしば起こります。 誰も完璧ではありません。 誰もが彼らが何であるか、彼らの行動や行動を理解しているわけではありません。 私は何よりもあなたを愛することができますが、感情や他の人を愛することにそれをやり過ぎることは、人間の心理学に完全な損害を与えるこ 私たちは感情的な過負荷を悪化させるほど大きな感情や過度の感情を受け入れないかもしれませんが、私たちの共感は通常よりもはるかに大きく、"シャロットは多くの愛でアスタを抱きしめ、愛撫したと思った。「その通りだ。 あなたが私にふさわしいかどうかにかかわらず、それは必要な理由のために重要ではありません。 私はいつも愛とそのタイプについて私にすべてを教えてくれたAndroe氏から完全な共感、愛情、愛を受けてきました。 私は気にしないし、それが好きなことはありません唯一の愛は強迫愛であるマニア、です。 過度の愛は心理学や人間の性格に非常に有害である可能性があるからです。"と語っている。「わかった。.. だから私はいつもあなたを守るためにあなたと一緒にいます。.. だって好きなんだもの。..."シャロットはアスタのための彼の愛を示すと思った。"シャロット。.."アスタは感情的に涙に満ちて考えました。その後、二人は夕方にFBLに到着し、ラッセルは言った:"ああ、少年は、あなたがここにいる。 あなたは私が心配しています。 私はLightrrorsが全能の絶対無限よりも優れているとは想像もしませんでした。 それは素晴らしい、シャロットBelledaryではありませんか?"ラッセルは言った。シャロットはこれに驚いて考えています:「もちろん、先生。 しかし、そういえば、どのようにあなたは私がLightrrorと私のレースについて知っていますか? どうして私の名前を知ってるの?""それは、息子を話すのは簡単です。 アーノルド-ベルダリーは私の幼馴染だった 私たちが子供の頃、彼はLightrrors、ボディパレードなどについて私にすべてを教えてくれました。 彼は私たちの子供の頃から今日まで私に超能力についてのすべてを教えてくれました。 六年前、彼は私に彼の妻とあなたを含め、彼らの子供たちと彼のいくつかの写真を見せてくれました。 彼は私に彼らの名前を言った:オーロラ、彼の妻、ジェンリオット、彼の年上の息子、サマンサとエミリー、あなたとジェンリオットの妹。 私たちの子供の頃、彼は私にいくつかのビジョンを示し、Anavolosと呼ばれるすべての強力な存在について教えてくれました。 これは、長年にわたって待つために彼の部下Makkapitewを命じられ、負の感情的な複雑さ、高い不道徳と反感、低い心理学と開発、そしてすべての中で最も優れた負の人であることを操作しています。 しかしアーノルドは彼が誰であるか把握できていませんでした。 この瞬間が起これば、私たちは最終的に知っているでしょう。"「うん、確かに。.."とシャロットを思った。「しかし、教えてくれ。 あそこの女の子は誰ですか?"ラッセルは尋ねた。"これは私があなたに話したAsta Berglandです。"シャーロットはラッセルをアスタに紹介したと思った。"H-こんにちは..."他の人に話をするにはあまりにも恥ずかしがり屋アスタは言いました。"ああ、アスタ-バーグランド。.. しかし、どのような、美しい素晴らしいと甘い女の子。 あなたはこのような美しいガールフレンドを持っていることは非常に幸運です。.."ラッセルは言った。"ああ、先生。.. 誇張していると思わないでください。..?"シャロットは、恥ずかしいと赤みを帯びたと思いました。"ああ、なぜ? 彼女の肌が恥ずかしさで赤くなっているからといって、あなたは彼女にそのような愛を示しました!? ハ、ハ、ハ、ハ! それは良いものです!"ラッセルは少年を騒がせ、言った。シャロットの顔は非常に異常で、彼の眉毛は非常に丸く、少し悪魔的で、悲しみで垂れ下がっていませんでした。 彼の目は少し開いて、ほとんど閉じてしまった。 彼の口は酔った人と異常に開き、彼の口は丸く開いていて、かすかな騒音を出していました。 そして、彼は結果を悪化させないようにそれをやっているとボディパレードへの彼の欠点の一つである彼の否定的な刺激、。アスタはこれについて非常に恥ずかしかった、彼女の頬を丸くし、彼女の指先に触れた。「それは何ですか、少年? この反応は何ですか? あなたは異常ですか?"ラッセルは少年の反応に混乱したと述べた。「こんな感じですね…? イエス・キリスト ..."シャロットは恥ずかしそうに言った。"シャロット!"女性の声を叫んだ。"ママ!?"シャロットは、声が彼の母親だったことを疑ったと思いました。すると車が現れ、車の中からオーロラとアーノルドだった。 そして、彼らは車から出た。"シャロット! どこにいたんだ若い男!? あなたは私が心配していた!"オーロラは怒って言った。"ごめんね、ママ。.. それは乗って迷子になった彼女の友人を見つけるためにアスタ4時間かかったことが判明しました。 だから私は彼女を見つけて何が起こったのかを知るために外に出なければならなかった。 時間がかかったのを許してくれ.."シャロットは残念ながら言いました。「なるほど…でも息子よ、やり過ぎないで歩き回ってください。 あなたは私がこれについて非常に心配していたことを知っています。 あなたはまったく未熟ではありません、あなたはLightrrorです。 そして、Lightrrorsはそのように生まれることはありません。"オーロラは彼女の息子に警告言った。"私は知っている、ママ..."シャロットは良い息子であると思った。"ああ、ラッセル、久しぶりです。 あなたはよく成熟しましたね" アーノルドは、非常に多くの年後に彼の友人を見て興奮し、言いました。"あなたも、アーノルド。.."ラッセルは同じように言った。多くの会話の後、二人のカップルは家に戻ります。(フラッシュバック終了)"それは良い時代だった、彼らはなかったですか? 忘れられないわ.."ラッセルは非常に感銘を受けたと述べた。"私も、先生。.."とシャロットを思った。"そして今、あなたはマッカピテューによって操作された存在が誰であったかを知っています,Anavolosに仕え、今あなたの偉大な敵です,あなたではありません?"ラッセルは尋ねます。「はい。 ディートフリート-ブーゲンビリア.."とシャロットを思った。「そうだな。 そのダイエットフリートガキは絶望的です。.."ラッセルは言った。「そうですね、先生? しかし、ほんの少しの問題があります。.."シャロットは、話をするより多くの何かがあったことを述べ、と思いました。「え? それは何ですか?"ラッセルは不思議に尋ねた。"私の全知は、Dietfriedがこの世界に混乱をもたらした後、彼がAnavolosと提携する前に、彼はすでに彼がしたことを後悔していたことを私に知らせました。 それに、彼はマッカピテューによって操作されていない、それは意図的にそれを受け入れたDietfried自身です。 Dietfriedが悪になるためには、通常、彼は洗脳されなければならないでしょう。 しかし、彼は完全に支配されているので、彼はそれをしたくありませんでした。 彼は完全に反感を持っているにもかかわらず、彼はまだ他の人のための共感を持っています。 彼が本当に何であるかを知ることは本当に難しいです..."シャロットは考えました。「本当に? そんなことは考えてなかった.."ラッセルは冷静かつ理解して言った。"あなたは、先生、頭の上に爪を打ちました。 私は本当の人間に比べて本当の行動を持っています。 そして、すべてのLightrrorsはそのようなものです。 そして、非人道的には、人生の欠点と最も否定的な結果の一つがあります。 そして、非人道的と楽観主義は人生の欠点の一つです。 それは、過度の楽観主義が、現実と人生の中で無数のものに直面する能力を含む、人間の心理学と現実感を損なう可能性があるからです。 不寛容と不公平な虚偽に同意することなく、人生のすべてを理解することは、存在する最高のものです。 しかし、議論しすぎて話すだけでは、共感や何かのために非常に必要な行動を取るには時間の無駄になります。"とシャロットを思った。"今ではすべて理にかなっています。.."ラッセルはシャロットの言葉で言った。"これらの理由でさえ、私はDietfriedを殺すつもりですが、憎しみ、恨み、残酷さ、反感を示すことはありません。 私は彼の魂を救わなければならないでしょう。 共感は、人が他の人のために持っている味とは何の関係もないので、注意のために。 反感は嫌悪感や憎しみに類似しているにもかかわらず、それはまた、多くの違いを持っているので。 そして、反感を持っていることは、嫉妬、傲慢、利己的、悪などとは非常に異なっています。 反感を持っていることは、不和、不調和、または互換性がないため、嫌悪感、誰かまたは何かを嫌う人です; 反感の結果を知らない不利な、敵対的な、せっかちで素朴な人。 そして、肯定的なantipathiesを持つ人々があるにもかかわらず、彼らのantipathiesはまだ私たちが知っているantipathiesに似ており、これらの人々は他の人がたくさん好きですが、他の人 さらに、高いレベルの反感は、高いレベルまたは過剰の無関心を人々の嫌悪感、焦り、無知を悪化させる可能性があります。 これは、人が焦りとコントロールの欠如から他の人を殺すために勇気を持っています。 共感とリアリズムは、人生で最も重要なものです。"とシャロットを思った。"それは私の息子です。"ラッセルはシャロットの頭をなでると彼の勇気を賞賛、言った。ラッセルはスタッフを見て、言う:"あなたは偉大な戦争とあなたの知人の大きな勝者でなければなりませんよね? ゼーンが話しているのを聞いたことがある ようこそ、私の町はあなたの家になります。"その後、それぞれの人が生きるために自分の場所を選んだ。 そして、シャロットはアナボロスが破壊され、彼らはベルグランド姉妹と一緒に暮らすことができるまで、彼の兄弟と一緒に住み始めました。その後、ジェイク-ベルダリー将軍とその長男はライデンシャフトリッヒの馬車に乗ってイルマ-フリッヒを訪問している。"だから、ジーニュ、あなたはそれがあなたの古いガールフレンドともう一度仲良くしようとするために働くだろうと思いますか? たとえあなたがあなたの人生でこの苦味を主張したことがないとしても? 正直に言うと、私の息子は..."ジェイクは言った。"ああ、さあ、お父さん。 あなたがこの戦争にシャロットを入れなかったら、もちろん私はもっとトラブルを起こしていたでしょう。 私のLightrrorクラスは彼のクラスと同じくらい劣っているので。 イルマの新しいボーイフレンドは、放浪者ディートフリードによって行われた虐殺の間に殺されたと聞いています。 そして、その新しいボーイフレンドはアルド-モリーニの息子です。"ジグネスはイライラしたと述べました。「そうか。 アーノルドは非常に多くの年後に彼の息子の復帰にとても満足していた..."ジェイクは言った。一方、Leidenschaftlichの劇場では、歌手のIrma Fliechが次のショーを提示するのに苦労しており、涙を浮かべて尋ねています:"私の神、この世界の災害が再び続いた場合、私はどのように私の役割を処理するつもりです。..?"「落ち着け、ハニー。 すべてが正常になります。"彼女の上司、アルドモリーニは言った。「わかった、アルド。 しかし、私はディートフリード-ブーゲンビリアによって引き起こされた恐ろしい虐殺のためにヒューゴを失った。"イルマは心配して言いました。「わかった。 その汚い悪魔は私の息子の命を奪うために支払うことになります。"アルドは怒りに手を振って、言った。この会話の間、アルドが去る前に、誰かがドアをノックする。 アルドはそれを開き、この人はBelledary家族の一員であり、Irmaの親しい知人であることを明らかにします。"ジグネス!"驚いたイルマは言った。この男はJignes James Belledaryと呼ばれ、Jake Belledary将軍の長男で、Sharrotの父方のいとこであり、Irmaの幼なじみであると彼は言いました:"こんにちは,九氏、アルド. 久しぶりに会ったんだよね?""こんにちは,Jignes. 元気? あなたはすでに男です。"アルドは言った。「ありがとう。 私たちの分離の理由は、私が人間の鎧に一定の問題を抱えているからです。 イルマがあなたの息子と付き合っているのを見たとき、私はずっと前に犯した間違いのためにしばらく彼女を放っておくことにしました。 しかし、今、私はディートフリードの手で彼の死のために非常に申し訳ありません。 ごめんなさい.."ジグネスは言った。「本気だ。..?"イルマは非常に心配し、涙に満ち、言いました。「はい。 アルドさんイルマと私は一人で話してもいいですか? それはプライベートです。"ジグネスは言った。「はい。.."アルドは残して言いました。"イルマ、私はあなたが持っている苦しみを実現し、私は結果を悪化させるために私の高い共感を脇にさせたことはありません。 だから私はいつもあなたと一緒にいたいのです。.. あなたを守り、あなたを愛するために。.."ジグネスはイルマのための彼の愛を宣言すると述べました。"私...".. I..."イルマは言った。「それは何ですか? 問題があります。..?"ジニュは尋ねた。"私...".. 最初から理解できなかった。 最初から、あなたは非常に苦いでしたが、内部では、あなたはそのようではありません。 そして今、私はあなたがこれ以上の問題を持っていないことに気づきました。 そして、その理由は、あなたがそのようなLightrrorだからです。 私たちが子供だったとき、あなたはLightrrors、さらにはボディストップについてのすべてを私に言った、それは非常に間違った動機のために正しいことと間違っ 変なんだな? へぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇ 無機質で全能の怪物と恋に落ちる人間。.."イルマは非常に魅了言った。"はい、私はまた、他の人の誇りに繁栄し、人々の幸福を保護し、助けるために注意を持っている人間と恋に落ちました。"ジネスは非常に喜んで言った。「そうだな。 ジグネス愛してる.."イルマはジーニュのための彼女の愛を実証したと述べました。"はい、私もあなたを愛しています。.."Jignesは同じように表現すると述べました。その後、二人は抱擁とキス、非常に穏やかな方法で一緒に自分の唇を移動します。 彼らの手と唇をゆっくりと離した後、ジーニュとイルマの目は輝き始め、お互いの美しさを示します。"私はいとこのSharrotが多数の職業で6年間の訓練を受けた後、彼の国に到着したことを学びました。 あのクソ野郎が戻ってきたなんて信じられない..!"Jignesは彼のいとこのリターンにうんざり言った。"くそったれ"? 何言ってるんだよ! シャロット-ベルダリーはあなたのいとこですか!? どうしてそんなに嫉妬してるの?..?"イルマは驚いた、尋ねた。"落ち着いて、私はちょうど賛辞としてこれを言っています。 私の父、ジェイクBelledaryは、第一次世界大戦に参加するために彼を招待していました。 そして、彼がその戦争で大きな勝者になった理由の一つは、彼がクラスA+とS-だからです。 そして、この理由は、彼の可能性を最大限に達することから彼を保っている彼の中の障壁のためです。 それは狂ったように聞こえるかもしれませんが、それは本当です。"ジグネスは言った。「本当に。..?"イルマは尋ねた。「はい。.."ジグネスは言った。中断のその瞬間、男はドアを開けて言います:「失礼しました、イルマさん。 しかし、ショーが始まろうとしています。 準備はいいか?"「はい! もちろん! 今行くぞ! ごめんなさいジネスでも仕事がたくさんある 後で話そうはい?"イルマは言った。「はい、心配しないで。 私はまた、私の国で多くの個人的なことで非常に忙しいので。 じゃあね じゃあねイルマ"ジネスは彼の愛にさよならを言って言った。「はい、もちろんです。 気をつけてジグネス.."イルマは言った。その後、ジグネスは馬車に戻り、ジェイクは答えた:"だからジネス、それはどうでしたか?""それは素晴らしかったです。 なんて素敵な女の子だね。..?"イルマの美しさに感銘を受け、ジーニュは言った。"非常に良い。 さあ帰ろう"ジェイクは船で家に帰るように求めて言った。「はい、行きましょう。"ジグネスは言った。チャプターは、イルマの愛の勝利に微笑むジグネスで終わります。ジェイクは、口を閉じて歯を見せ、口ひげを微調整し、悪魔のような眉を下に向け、もう一方を切り上げるだけで、同じ誇りを表現しています。
Sharrot Belledary: Chapter 1 (Japanese Version)暗闇の中で、あなたは光が成長して近づいているのを見ることができ、その瞬間、私たちは妊娠中にいくつかの声を聞きました: 「あ! ああ! ああ!"「彼は生まれます! 赤ちゃんが生まれます!" 「あ! ああ!...!!!"出産の終わりには、成熟度や心理学などの高いレベルのために、泣くことの一滴を示さずに赤ちゃんが生まれているのを見ることができます。 現時点では、いくつかの声が聞こえました:"見て、彼は男の子です! しかし、どのように彼はまつげとガーリーなルックスを持つことができます。..? 彼は彼の母親と同じルックスを持っていますか。..?"母は答えます:"私はこのような素晴らしい子供を持っているので、とても喜んでいます。.. しかし、私は疑問に思います。.. 私のこの小さな愛の人生は何でしょうか。..?"この間、彼女の夫が現れ、彼は2.25の背が高く、よく汲み上げられています:"私はこれが起こってとてもうれしいです、オーロラ。.."彼はアーノルドBelledaryであり、彼の妻はAurora Jensenと呼ばれていますが、結婚後、彼女はAurora Belledaryと改名されました:"私は親愛なる、私は彼に名前を付けるつもりだものを知っています。 そして、彼は呼ばれるつもりです。..シャロット"21年後。..年の二日目に雷雨の夜の間に、一般的なアーノルドBelledaryとディートフリードブーゲンビリアはバイオレットエバーガーデンの真の起源について話し、ディートフリードア:"だから将軍、あなたはこれについて私に何を教えていますか?"将軍は写真を見て尋ねます:"アスタ? 彼女は軍の服を着ています。..?"ディートフリートはこう尋ねます:"アスタ? ヴァイオレットの名前か?"そして、一般的な答え:「わかりません、男。 それにアスタはライデンシャフトリッヒ軍に参加して大戦争に参加した覚えはない 私が最初にアスタに会ったとき、彼女は10歳の1914年でした。 彼女は彼女の姉、ヘラ-バーグランドを伴っていた。 私の義理の兄弟、アンドロイェンセンは、両方の姉妹が私の家に住んでみましょう。 私の息子、Sharrotは、Astaのための愛の強い関係を示しています。 そして、私の最初の子供、ジェンリオットは、ヘラと恋に落ちることになります。 アスタが14歳、シャロットが16歳のとき、彼らはさよならを幸せに言った。 アスタは彼女の国に行った。 そして、シャロットは私の弟、ジェイク-ベルダリー将軍の要請で第一次世界大戦に参加しました。 シャロットは戦争の最大の勝者となったが、彼はそれに重要性を示さなかった。 言い換えれば、Sharrotは高いレベルの明快さと剥離を持っていました。 つまり、彼は強迫観念と野心を持っていません。"「本当に? それは私が好奇心をそそられました。 ヴァイオレットに初めて会ったのは1914年の同じ年に無人島にいて仲間を殺したときだったから私は彼女を家に連れて行って弟のギルバートに引き渡したからです そして、それはバイオレットが約10歳の頃であり、彼女が約14歳のとき、彼女とギルバートは戦争の終わりに分裂していた、彼らは昨年会うまで。 しかし、私は疑問に思う、それはアスタとバイオレットが二人の異なる人であることを意味しますか。..?"Dietfriedの質問。"誰が知っている、相棒。 しかし、彼らが関連しているかどうかは明らかではありません。 それについて調査した方が良いでしょう。"アーノルドは答えた。三週間後、ある美しい朝、ディートフレッド-ブーゲンビリアと彼の部下は無人島に到着し、神秘的なダークエネルギーを発見する。 男性の一人がエネルギーに触れようとしますが、誰もそれに触れることはできず、何も起こりません。 ディートフレッドはこの問題を分析するためにエネルギーに触れようとし、最終的に彼は感染し、暗闇の中にテレポートしてしまうと、神秘的な声が出て:"ようこそ、ディートフリード-ブーゲンビリア。 私は何年も後にあなたを待っていました。.."「待て。..それはvoice...it私が若い頃に聞いたのと同じものです。.."ディートフリードは答えた。その後、ディートフリードは若い頃からフラッシュバックを受け、父親に虐待されてしまい、声が上がって言います:"あなたはあなたの父の死を願っていますか?"「誰だ!?"ディートフリードは叫んだ。"私は彼が低い心理学と精神を持っているように、彼はあなたに良い父親ではないことを理解していますが、それは習慣の問題になります。"と声をかけた。「それで、それは…?"ディートフリードに尋ねた。"まあ、のは、ビジネスに降りてみましょう。 教えてくれお父さんを死なせたいのか?"声を尋ねた。"私はあなたが誰であるかわからない。..しかし、私は受け入れます。 先に行け! 彼を終わらせろ!"ディートフリードは答えた。その後、声は、Dietfredが黒のエネルギーに感染した理由は、彼が非常に否定的な感情的な複雑さ、完全な反感と悲観主義の高レベル、開発と人間の心理学の低「本当に。..? 私はそれを考えなかった。.."そして、神秘的な声はビジョンを示し、バイオレットの真の起源についての真実を説明します:"バイオレットEvergardenはヘラBerglandという名前の彼女の姉と一緒に現在生きているAsta Berglandという名前の高い感情的なシンプルさの美しい少女のクローンです。 アスタがまだ赤ちゃんだったとき、彼女の両親は、テロ攻撃が街を恐怖に陥れることを知ったので、Androe Jensenという古い友人に手紙を送りました。 アンドロエが現れてベルグランド姉妹をベルダリー家の国に連れて行った後、二人の姉妹の両親はベルグランド家の残りの部分を救おうとしたが、テロ攻撃が始まったために彼らは事前に死亡していた。 だから、二人の姉妹の両親とベルグランドファミリー全体は、二人の姉妹を除いて、すべて一掃されました。ある美しい夜、アスタが10歳で寝ている間、アンドロエは音を出さずにゆっくりとベッドに行き、ハサミでアスタの髪の鎖だけを切って自分のクローンを作 クローンを作成した後、Androeは彼女に精神的な変更を加え、彼女の身体能力と戦いの戦略を拡大し、AndroeがAstaとHellaと同じように彼女の正常な行動を無効にしました。 しかし、違いは、アンドロエがバイオレットにLighttror遺伝学を移植しなかったことであり、その理由は、彼が普通の人間に比べてバイオレットを残したかった 終了するには、Androeは24時間彼女の睡眠を作る彼女の口の中に丸薬を入れました。 Androeがこのクローンを作成した理由は、完璧なボディーガードを必要とする島の住民の一人からメッセージを得て、Androeが合意を果たすことができたからです。 アンドロエは島に向かって飛行機を飛ばし、投げられる前に開いたパラシュートと一緒に眠っているクローンをドロップします。クローンが目を覚ます頃には、彼女は精神的な減少のためにその時点で人格と行動を持っていませんでした。 彼女が島を歩いているとき、神秘的なダークエネルギーが彼女の前に現れ、彼女の記憶と人間の行動を完全に無効にし、彼女の過度の楽観主義を完成させ このエネルギーは言葉を理解することによってクローンの能力を無効にし、クローンの記憶を完全に減少させ、クローンを操作し、彼女にディートフレッド-ブーゲンビリアと彼の家族という男を完全に尊敬させるために遺伝子操作の一種を使用した。 このエネルギーはまた、彼女はあなたを除いて、この島のすべての住民を殺すだろうにクローンを命じた。そして、あなたがすでに知っている残りの部分。 一ヶ月後、あなたとあなたの仲間が島に到着し、彼らのボートは座礁し、あなたの仲間を殺す女性のクローンを見つけ、しばらくして、あなたは彼女の家を取り、ギルベートに彼女を与え、その後、ギルバートは女性のクローンを"バイオレット"と呼んでいます。あなたがギルバートにヴァイオレットを与えてから二週間が経過し、アンドレイはバーグランド姉妹をアーノルド-ベルダリーの家に連れて行き、彼らの到着時に、彼らは二人の姉妹、サマンサとエミリーを含むアーノルドの二人の最年長の子供、ジェンリオットとシャロットに会う。 彼らが最初に会ったとき、SharrotとAstaの間の強い愛の絆は、JenlliotとHellaの間と同じように永遠に続きました。 そして、残りのアーノルドはすでにあなたに説明しています。"この啓示の後、Dietfredは次のように言います:「何だ。..? のクローン。.. アスタ-バーグランド..? 私はその砂漠の島で彼女を見つけ、ギルバートに彼女を与えていたので、私はいつも知っていたバイオレットは、Androe Jensenによって常に作成されたAstaの女の子の..? どのようにそれができました!? 彼女の人生はすべてのこの時間は完全な嘘でした!? それはできません!""シャロット。.. ベルダリー.. だから、これはAsta Berglandと強い愛の関係を持っていた少年です。..? そして、彼はまた、第一次世界大戦の大きな勝者となりました。..?"驚いてDietfriedは言った。そして、ディートフレッドは完全に穏やかで寒いです、と答えます:"今ではすべて理にかなっています。 あなたはバイオレットを操って彼女を怪物に変えて仲間を殺して私を全面的に尊敬していたのですか? どのようにあなたをあえて、このモンスター!? どのようにあなたをあえて!? ハァッ! ハァッ!? この野郎!! このくそ!! 教えて!!"神秘的な声の答え:"私はあなたが私が最初にすべてを担当していたことを完全に激怒しているのを見ます。 一つ答えてくれディートフレッド あなたはどのように生まれたので、不十分に開発され、非常に不道徳でしたか?"Dietfredの目の虹彩と瞳孔はとても小さく、彼はショックを受け、怖がっていたことをそんなにからサイズが減少し、彼は言った:「何だ!?"神秘的な声が再び答えた:"他の人に共感し、特定の状況でバイオレットを助けるなどのあなたの強みと理由を理解していますが、私に1つのことを答えてください。最初は普通の子供でした。しかし、あなたはどのようにしてあなたの人生を通してそのような大きくて完全な嫌悪感を持っていましたか?うーん?あなたは知らない?お気の毒に。何度仲良くして他の人と幸せな結末を迎えても、あなたは常に感情的な複雑さの完全に否定的な人であり続けます、そして私の他の人はあなたにそれを説明しました。しかし、ギルバートを撃ち、彼をバイオレットの前に置くことは、あなたへの愛のしるしだと思いますか?まあ、あなたは間違っています。あなたがするそのようなことは本当の愛ではなく、本当の残酷さと不道徳です。しかし、それが困難で極端で複雑な時代にあった場合、あなたの発達のレベルが低く、人間の心理学と不道徳が高いために、それはあなたにとってさらに悪化する可能性があります。そして、あなたがこれらのものを持っている理由は、あなたが子供の頃から今まで経験した困難な時代と状況のためではなく、あなたがこのように生まれたからです。そして、その答えは非常に単純です。誰もが夢中になるわけではありません。また、子供時代や困難な生活を送っているすべての人が嫉妬し、利己的な人々になるわけではありません。そしてあなたが想像できるように、人生のすべてが異なっています。あなたはこの高い嫌悪感を獲得したので、たとえその共感が非常に弱いとしても、あなたはまだあなたの兄弟への共感を持っています。これはあなたが彼や他の人にあまり注意を払わない理由を説明しています。"Dietfredはこれを聞いただけで完全にショックを受けていると言った:「そうか。 私は真の人間に値することはありませんでした。 そして、私は非常に私の兄弟を愛し、彼について多くのことを心配していますが、私は共感の私の低レベルのために彼に多くの注意を与えることはあ 私は道徳も性格も持っていませんでした。 しかし、あなたは私のすべてによって正しいです。 私は完全に不道徳な人です。 私は本当の人間のゴミです。 しかし、あなたは私にあなたの力を受け入れる機会を提供するつもりです私は彼女を克服できるように、ハァッ? どうでもいい 先に行け! 私を使って! 私は受け入れます!"そして、不思議な声はこれに感銘を受け、応答します:「素晴らしい。 今、あなたは最終的にあなたの本当の人格を示してきたことを、私はあなたに私の本当の顔をお見せするつもりです。"ディートフレッドはこう言いました:「それがお前の形だな? あなたは恐ろしいように見えます。"そして不思議な声が答えます:"へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、" 私の悪魔の外観に驚いた? 分かってる。. だからこそ、私はいつも生き物の問題を認めることに慣れています。 私の名前はマッカピテューです。 私は全能の神アナボロスの偉大な部下の一人です。 私は彼の存在を十分に認識していますが、誰もが本当に自分のものであることを認識するのが通例です。 それでディートフレッド仕事に行こうか?"ディートフレッドはこう答えました:「はい、行きましょう。"そして、Makkapitewはこれに感銘を受け、Dietfredの中から入り、彼の体の中からすべてのダークエネルギーを現れ、彼の物理的なsupernaturalnessを増幅し、不死身、および他の力を持っています。 そして、この邪悪な力はDietfredの物理的な機能と特性を感染させ、Makkapitewは応答します:"こんにちは,Dietfred. 何か言いたいことがあるんだ わたしの邪悪な力はすでにあなたの身体的機能や特徴をすべて感染させているので、その力から解放された場合、あなたも消えて死ぬことを知って それはあなたが本当にどのように100%否定的であるかでしょう。"ディートフレッドの答えは:「本当に? わかりました。. 今、あなたは私が本当にあなたが言うすべてからどのくらい悪い人間を見ることができます。 しかし、それはもう問題ではありません。 私はすべてに大きな無関心を持っているので、私は私の人生で重要なiotaを持っていません。 それでは、始めましょう。"そして最後に、Makkapitewは答えます:"非常に良い。 それは私がそれを好きな方法です。"地球に戻って、彼はダークエネルギーを見つけた場所で、ディートフレッドの男性は彼の体の間にあるダークエネルギーにおびえており、彼に何が起こったのか:"それは長い話です。 しかし、私は後で結果を説明します。 行こう"その後、DietfredはLeidenschaftlich全体に広がることを利用し、ブーゲンビリア家のすべてのメンバーを殺し、彼の家族の系統を持っているすべての人を提示するために彼の超自然的な力を使用して、彼のテレポーターを使用して終了します。 ディートフレッドがギルバートを除くブーゲンビリアをすべて殺した後、ヴァイオレットが現れる。:"ディートフレッドさん、何が起こっているのですか? この虐殺は何が起こっているのですか?"ディートフレッドはこう言います:"あなたは今では知っているだろう、あなたは横柄な小さな一。"バイオレットはそれを聞いてショックを受け、ディートフレッドは彼女をつかみ、彼女を地面に投げ、彼女の胃の上を歩く:「何をしてるんだ、ディートフレッドさん!? なぜ...私を攻撃するの?"ディートフレッドの答えは:「そんな愚かな質問はしないで、怪物。 死ぬんだ"ギルバート大佐が到着してこう言いました:"バイオレット!!!"バイオレットは言う:「少佐!"ディートフレッドの答えは:"ああ、ギルバート。 弟よ ちょうど時間内に。"ギルバートは怒って尋ねます:"あなたは、兄弟、バイオレットと何をしています!? あなたは狂っています!?"ディートフレッドの答えは:"狂った、私? うーん それは答えるべきかなり明白な質問です。 このビジョンを見てください。"そして、ディートフレッドはマッカピテューの声で様々なビジョンを示し、ヴァイオレットが起こったこと、ヴァイオレットの本当の起源、ダークエネルギーに遭遇してマッカピテューに会った瞬間、ディートフレッドがブーゲンビリア家のすべてのメンバーを殺し、アスタ-バーグランドとシャロット-ベルダリーについて話した。"今のは、アスタ-バーグランドについて話しましょう、彼女はまた、アンドロイェンセンは二人の姉妹を採用して以来、紫と同じ人格と行動を持って、彼は感情的な複雑さを無効にし、排除し、二人の姉妹で実験し、それらはシンプルさの完全なレベルで高い感情的なシンプルさを持って作られた、のような他のものの極端かつ偉大な欠如:強迫観念、野心、楽観主義、悲観主義、信憑性、恐怖、日和見主義、反感、不寛容、低自尊心。 そして、二人の姉妹は、理解、共感、リアリズム、絶対的な心理学、明快さ、剥離、道徳主義の絶対的なレベル、道徳、間違った動機の欠如などの絶対的なレベルを持 しかし、アスタは過度に楽観的ではなく、バイオレットのようなディートフレッドに対する総尊敬を持っていません、そして彼女はまた、生活の中ですべてのための反感の合計と絶対的な欠如を持っています、そして彼女はまた、同情と熱意、心理学と完全なレベルの成熟度の高いレベルを持っています、そして、彼女は人生のすべてのために右ではなく、間違っていないことはありませんが、ちょうどシャロット自身のようなすべてのロジック、アンドロエバーガーデン紫を作成する前に彼女に移植されたLighttrorsの遺伝学の影響のために。 AstaとHellaはLighttrorsになっていますが、彼らは文字通り人間であり、最初はそのように生まれたので、まったくそうではありません。 そして、これは彼らがLighttrrorと人間のハイブリッドであることを証明しています、言い換えれば、Lighttrorsの無機生理学と混合した人間の血流と皮膚を所有してい そして、アンドロエが二人の姉妹と一緒にこれをした理由は、アナボロスの部下の一人、つまり私、マッカピテューが、ブーゲンビリアを完全に尊重するようにベルグランド姉妹を操作する計画を持っていたためであり、アンドロエの全知が自動的に活性化され、それについて知らされたからです。 そして、そのような状況を避けるために、Androeは遺伝学を使ってBergland姉妹を私の力に免疫させる方法としてLightrrorsに変えました。 そして、私は何の関係もなかったので、私はマスターアナボロスの壮大な計画を進めるためにバイオレットを操作しなければなりませんでした。"このすべてを説明した後、MakkapitewはLighttrors、無機質な生理学を持つ全能の存在のレースについてすべてを伝えます。 そして、彼は伍長停止について語りました、それはLighttrorsが非常に間違った理由で善悪のことをしたり、間違いを犯したりするのを防ぐことができる機能 そして、Lighttrorsの偉大な偉業の一つは、例えば、絶対的なナンセンスです:Lighttrorは、そのすべての力、機能と絶対的なナンセンスを失った場合、それは絶対的なナンセンス自体の効果のために、任意の論理なしでそれをすべての内側または外側を持つことなく、このすべての内側または外側ができます。 そしてこのすべての理由はLighttrorsが完全なレベルで高い感情的な簡易性、他の事の極度で、大きい欠乏をのような有するのである:固定観念、野心、楽観主義、悲観主義、信憑性、恐れ、日和見主義、反感、不寛容、低い自尊心、normosis、normopathy、等。 そして、彼らは理解の絶対的なレベルを持っています,異常,共感,リアリズム,絶対心理学,明快さ,剥離,道徳の絶対的なレベル,道徳,間違った動機の欠如,同情,熱意,心理学と完全なレベルの成熟,など. そして、彼らは絶対的な無限の全能よりも優れているもう一つの理由は、彼らが人生のすべてのために正しいと間違っていないことはありませんが、「いいえ。.. そんなことはできません。.. これは私の本当の起源ですか?... 俺はクローンだ.. 女の子の。.. 名前を付けられた。.. アスタ.. バーグランド? そして、私は名前の一人の男によって育てられました。..アンドレイ-ジェンセン?"バイオレットは、彼女の本当の起源を学んだ後、ショックを受けたと述べました。ディートフレッドの答えは:「はい、そうです、ヴァイオレット。 あなたはずっとクローンだった そして、あなたの人生は嘘だった。 そして、私はこの邪悪な力から解放されている場合でも、私はまだ消えて、その力と一緒に死ぬだろう、私は感情的な複雑さは非常に否定的な、完全な反感と悲観主義の高レベル、人間開発と心理学の低レベルと低レベル、不道徳の高レベル、および他のものを持っているので。 そして、Makkapitewは私に自分自身についての全体の真実を話し、私は私の本当のペルソナを実証しました。"ギルバートはこう言います:「兄様、マッカピテューに操られていたのではなく、ヴァイオレットを退治するためにこれを受け入れたのはあなたですね!? どのようにあなたをあえて!? 私はあなたを信頼していました! 信じてた! どのようにあなたをあえて!?"ディートフレッド-アンサーズ・アンド・アンサー:「私は気にしないので、私はあなたたちには興味がありません。 しかし、私たちの愛は最終的に永遠になくなっているように見えます。 さよなら!"ディートフレッドはギルバートの前でヴァイオレットを蹴り、ほとんど彼に触れ、離れて歩く。その後、ディートフレッドは多くの軍事独裁政権を侵略し、それらのいくつかを征服し、非常に恐ろしい世界の独裁者になり、彼は怪物、不道徳、反感、および世界中の多くのものをもたらし、彼はそのすべてのために世界中で知られるようになりました。一週間後、さびれた場所で、Dietfriedは完全に空だったと言った:"だからMakkapittewは、私に教えてください。 なぜここに来るように頼んだの?..?""あなたは、ディートフリードを忘れていますか? 私はあなた自身の利益のためにこれをやっているだけです。 話したことを全部覚えておいてくれ あなたが私の合意に同意しない場合、あなたに起こる可能性のある状況やその他のこと。"Makkapitewは言った。「はい、覚えています。.. あなたが言ったことはすべて覚えてる.. でもヴァイオレットとギルバートを虐待する前に死ぬべきだったのは私だった.. だから私はあなたの同意を受け入れるべきではなかった。.. どうして? なぜ私にこんなことをさせたのですか。..?"Dietfriedは空と落ち込んで答えた。"それは誰もが考えるだろうものです。.."Makkapitewは言った。その瞬間、誰かが横になって木の中でリラックスしていて、地面に飛び降りました。 Dietfriedは床の騒音を聞いて、彼が誰であるかを見て、答えた:"ええと..."..!? 誰だ..!? あなたは誰ですか。..?""私はマスター Makkapitewの計画は、最終的に非常に多くの年後に働いていることを参照してください。.."男は言った。「本気だ。..? それはあなたが彼らの一人であることを意味しますか。..?"ディートフリードに尋ねた。"私が言う前に、私は自分自身を紹介してみましょう。 私はイーサン-グレイモント 私の古代以来、私は困難で、極端で複雑な瞬間を経験してきました。 私がこのようになった理由は、これらの瞬間のためではなく、はい、私はそのように生まれたので、それは私が完全なレベルに高い感情的な複雑さを持っているので、私は私の歴史のために正しい動機を持っているにもかかわらず、私はまた、非常に間違った動機、大きな感情的な不均衡と永続性、反感の高いレベル、高い不道徳を持っており、私は他の人が好きにもかかわらず、私は他の人に注意を払うために共感の高いレベルを持っていません。 マスター-マッカピテューがヴァイオレットを操作して命令を受け、あなたとあなたの家族を全面的に尊重する理由は、彼がマスター-アナボロスから命令を受けているからです。"イーサンは答えた。"ほら、ディートフリード?" イーサンは君と同じだ 似ていることは明白です。.."マッカピテューは言った。「まあ、そういうことは理にかなっています。.. しかし、そういえば、私たちは今何をしようとしていますか?"ディートフリードに尋ねた。"私たちはアナボロスの領域に行き、新しい人生を始めるための方法として、永遠に彼に仕えましょう。"イーサンは言った。"はい、それは私がそれを好きな方法です。 私は二度と戻ってこの世界に住みたいとは思わない。 行こう"ディートフリードは答えた。Anavolosの領域に到着すると、DietfriedとEthanはマスターの王座に到着し、強大な神と彼の下敷きがそれらの間に現れます:"ブーゲンビリア家のディートフリード、私たちの絶対的な同盟へようこそ。 彼をここに連れて来てくれてありがとうイーサン-グレイモント"アナボロスは応答します。"だからあなたは、ハァッ、アナボロスですか? 彼の外見はかなり恐ろしいです。"ディートフリードは言った。MakkapitewがAnavolosについてのすべてを説明しているように、Dietfriedは感銘を受け、この神に永遠に仕え始めます。二ヶ月が経過し、世界中から何千もの新聞がDietfried Bougainvilleaが世界中で消えたというニュースについて説明し、これはViolet Evergardenの人格を破壊しました。ヴァイオレットと彼女の友人がホッジンズ大統領のオフィスにいたとき、ヴァイオレットは非常に悲しいと涙に満ちて、言った:「これは信じられない。.. 私はアスタという名前の女の子のクローンです。.. 彼はアナボロスから注文を取ったので、私はいつも注文を取り、ブーゲンビリアのための完全な敬意を持っていた理由は、すべてマッカピテューの計画でした。.. 私が注文を取るこの行動を除いて、この性格と行動をすべて持っている理由は、すべてAstaから継承されました。.. 全世界の誰もがキャプテンDietfriedを嫌っており、彼らは彼が死ぬのを待ちたいと思っています。.. そして今、私は何をすればいいですか?"「落ち着け、ヴァイオレット。 私はまた、私と私の兄弟を救うために何をすべきか分からない。 ごめんなさい.."ギルバートは言った。しかし、ライデンシャフトリッヒ騎兵隊の兵士がオフィスに現れ、ロー-アカデミー時代のシャロットの元同僚であるゼーン-アッカーマン大尉が率いる別の国の陸軍戦闘機がここに到着し、マリーナとライデンシャフトリッヒの上司はもはやディートフリードをキャプテンまたはヒーローとして受け入れたくないので、世界で行ったすべてのことについて大きな世界事件についてのメッセージを送ることになると伝えた。 そして、彼らがZane Ackermanが到着しようとしている場所に到着すると、それは彼が最終的に到着したときです、まっすぐな濃い灰色の髪と紫色の目を持つ若い男:"ご挨拶、ライデンシャフトリッヒの人々。 私は世界で起こっている状況について聞いた。 元海軍大尉のディートフリート-ブーゲンビリアが本当の顔を見せたんでしょ? まあ、それは我々が期待するほど難しいことではありません。 彼の存在を終わらせる唯一の人は大戦の偉大な世界の勝者であり、法律アカデミーの私の元同僚であるシャロット-ベルダリーだからです。"ゼーンがこのメッセージを伝えて去った後、バイオレットは怖がって言います:"シャロット。.. ベルダリー? 同じ幼なじみ。.. そして、アスタ-バーグランドの恋人? そんなことはできません。.."彼は一般的なアーノルドの国に到着すると、ホッジンズ大統領とゼインは彼に話している、とホッジンズは言った:"まあ、それはそれがすべて起こった話です、将軍。.."「わかった。 私は信用のオンスを示すことなく、アスタのためにこのバイオレットを間違えたことは言うまでもありません。 そして、その理由は、私の全知が自動的に無効になっていたので、私は拒絶、孤独、不適応などに対処できるように、私の身体的正常性を改善することがで それは、私たちLightrrorsが強さそのものよりもはるかにこれらのことに中心的な焦点を当てているからです。"アーノルドは言った。「そうだな。.. 何? ライトエラー!? しかし、それは一体何ですか!?"ホッジンズは驚いて尋ねた。「わかったわね。 私の全知とすべてのライトラーは約三日間活性化されているので、私たちはディートフリードについてのすべてを見てきました彼はダークエネルギーに感染していたので、マッカピテューの同意を受け入れ、彼はアナボロスに同盟し、永遠に私たちの世界を放棄しました。"アーノルドは答えた。今、三人の男は6年後に船で家に到着している、と彼らは次のとおりです:ガスマスクを持つシャロットBelledary、ブラッドリー*アルフィンとウィルフレッド*カウマン、非常によく作られ、尖った機械的な腕を持つ老人。 ブラッドリー-アルフィンはシャロットの偉大な指導者であり、ギルバートがヴァイオレットと同じように、ブラッドリーはギルバートよりもはるかに共感とリアリズムを持っているので、彼はシャロットが彼の高いレベルの不信とすべての常識のために、自分の気持ちを傷つけることなく彼の家族の世話をすることができます。"こんにちは一般-アーノルド! お互いに会ってから6年経ちましたね。"ブラッドリーは非常に興奮したと述べました。"はい、それは、相棒、長い時間をされています。 真ん中のものはシャロットですよね? 久しぶりだ息子よ あなたは育った、と私はあなたの新しい服を愛していました。 ところで何でマスクをしてるんですか?"と答え、アーノルドに尋ねた。"また会えて嬉しいよ、お父さん。 Androeおじさんのビジョンについて聞いたところ、Androeおじさんが作成したAstaクローンであるViolet Evergarden、そしてClaudia Hodginsを含む彼女の知人についても説明して見せました。 ところで、私はこのマスクを着ています私は彼を驚かせたいので、ちょうど彼に私とアンデスおじさんの間の私の強い似ていることを示すために。"シャロットを考えました。「はぁ!? これは何だ!? 誰が話している!? 頭の中で声が聞こえる!"ホッジンズは驚いて、言った。"それはテレパシーを使用してシャロット、クラウディアです。"アーノルドは言った。"テレパシー!? これは何ですか!?"ホッジンズは驚いた、尋ねた。"それは、ユーザーが自分の考えを読んで人々に伝え、また自分の脳に直接話すことができる力です。"アーノルドは答えた。「本気だ。..?"ホッジンズは尋ねた。「そうだな。"アーノルドは言った。「まあ、それには感心している。 失礼するならマスクを脱ぐ.."とシャロットを思った。その後、シャロットは彼のマスクを脱いで、ホッジンズにそれを示した:,"彼。.. 彼の叔父と同じ目を持っています。..! しかし、なぜ彼は彼の目に女性のまつげを持っていますか。..!?"ホッジンズはシャロットの外観にショックを受け尋ねた。"それは彼が彼の母、オーロラ、私の妹からそれを継承したからです。"どこからともなく現れ、ホッジンズを肩でつかんで、彼に大きな賞賛を感じているViolet Evergardenの作成者であるAndroe Jensenは言いました。「はぁ!? そうだな.. アンドレイ-ジェンセン! バイオレットの生みの親!"ホッジンズは、アンドロエの存在に驚いたと述べた。"アンデルレおじさん、久しぶりですね。" 久しぶりに会った"シャロットは彼の叔父を見て非常に満足して考えました。"また会えて嬉しいよ、シャロット。 大人になったんだな「Androeは非常に熱心に言って、Sharrotのテレパシーを感知して聞いていました。"まあ、私は認めなければならない。 古い友人と家族の間の再会よりも素晴らしいものはありません。 しかし、何が間違って行くことができます。..?"シャロットは彼の偉大な熱意を持って言いました。「何だ!? 彼は話した!"ホッジンズはショックを受けたと述べた。"まあ、それはそれは、クラウディアのように見えるものです。 しかし、超能力の偉大な驚異に会うことについてとてもセンセーショナルなのは何ですか?"ホッジンズは混乱したまま、彼の偉大な熱意を持ってアンドロイ尋ねた。この章では、理由を知らずに怖がっているホッジンズと、彼の大きな誇りを示すために彼の大きな笑顔を示すシャロットを除いて、誰もが笑って終わ
DEATH BATTLE - Super Mario vs. Mayron Legenrok,Mario doing right things for wrong motivations for a simple joke, and this proves that Mario is very low psychological, very immature and immoral. And so the function called Utilizational Link transmitted the action effects back to Mario. And the reasons Mario is affected by this function is because he has high emotional complexity at full levels, emotional imbalance and persistence, semi-excessive proactivity, very gullible in rare moments, etc.And that's why Mayron Legenrok has full dignity to be superior and much better than Mario, because Mayron Legenrok has high emotional simplicity at complete levels, extreme and great lack of certain things, such as: obsession, ambition, optimism, pessimism, credulity, gullibility, opportunism, antipathy, intolerance, low self-esteem, inhumanity; and she has absolute levels of understanding, empathy, realism, absolute psychology, lucidity, detachment, absolute levels of moralism, morals, lack of wrong motivations, etc.In this fight, Mayron is having a big advantage against Mario, without any effort, and also against his transformations: Giant Mario, Ice Mario, Star Mario, Cat Mario, etc. The real reasons Mayron outperform Mario, even if Mario's power stats are higher than Mayron's without any logic, would be because of Mayron's Absolute Nonsense effects. And to end the fight, Mario does a mighty spin, holding Mayron until he turns into a fireball, and throws him into the sea and explodes.,Is this the end of it?,Of course not. Mayron's arm appears and punches Mario in the face, throwing him into the explosion and completely disintegrating him. After that, the scene shows Mayron totally calm and without any stings of damage. He's holding Mario's hat and then demonstrates that he's using his separate arm thanks to Levitation and Body Manipulation.The winner is Mayron Legenrok.(NOTE: This fight is based on the 2018 DEATH BATTLE Mario vs. Sonic rematch)
Sharrot Belledary's Battle Giant Sword by MateusCarvalho564
Non-Fiction

Mature Content

Creepypasta
History of the Blood CultHistoryAntiquityThe oldest known written records about the blood cult date from around the year 2,000 BC. There are only fragmented bits of lore deciphered from broken stone tablets found in the ruins of Ashur. It is written that some tribes from the fringes of the known world used to sacrifice humans in order to appease their god Um'rA'eSh. Due to the bad condition of the texts, not much is known about the cult, but it is hinted that it has been practiced since long before the time of the writing.Indeed, some modern scholars try to link a 25.000-year-old cave painting from Spain to the cult, but most archeologists doubt that it is possible that the cult survived for such a long time and spanned such a vast geographic area during the paleolithic period. The painting depicts a dragon-like creature that superficially resembles the descriptions of Um'rA'eSh from newer texts.A more in-depths description of the practices of the cult comes from the 14th century BC, when the cult seems to have spread to Anatolia. A Hittite scholar describes that some of his countrymen have begun practicing the blood cult, which has before only been associated with "uncivilized" cultures, in secret. Another text details the precautions made by the cult in order to hide it from the general public. It describes that the sacrifices are only to be made during specific religious holidays and animals are only to be sacrificed (fed to the god) if it is impossible to get a human sacrifice without being caught. This text also shows the general fear the cultists had that their god would destroy the city if they do not practice regular sacrifice and also how dangerous it was that most people would not believe their teachings.Later, the cult seems to have spread around the entire Mediterranean, where we have several ancient Greek and later Roman authors mentioning it among other mystery cults. No texts are known from the cultists themselves, but mainstream Greek authors describe that the cult sacrifices mostly oxen and horses to their gods, with no mentioning of human sacrifice.Parallel to this, the cult is also mentioned in sources from the Gupta empire and in Chinese texts from the Qin dynasty. One Chinese author mentions the fear of the cultists of a dragon that lives inside their temple, but he dismisses it as their "temple" is just some house and would never contain a divine dragon.Roman authors also mention the cult being practiced by Germanic, Celtic and Scythian tribes throughout Europe and even among the Berbers of North Africa, while Chinese sources mention that the cult has spread around the entire world.Medieval and early-modern sourcesWith the spread of Christianity and Islam, sources from the cult itself get sparce. Some scholars think that the various kinds of dragon slaying myths that spread around Europe actually depict Christian missionaries wiping out specific communities of the cult and that the dragons are symbols for what they saw as devil worship. The Persian author al-Qazwīnī mentions Um’rA’eSh as a kind of Jinn that has been worshipped in pre-Islamic times.At the same time, it seems that the cult saw some kind of renaissance in China, while also being secularized. Sources mention the spread of small dragons that people worshipped at their homes by sacrificing small animals to them.European medical and natural history books from the early modern period show creatures found in association with witch trials which have been identified as Um'rA'eSh by modern researchers. It seems that like in China, instances of the deity also have become smaller and tamer in Europa by that time.While we have no sources about the blood cult being practiced in the Americas before Columbus, some scholars have tried to link Mesoamerican human sacrifice to the cult. This is highly disputed since there are no similarities between the practices of the Mesoamerican cultures and those of the cultists of the Old World. Most historians agree that the cult actually spread to the Americas through European immigrants and African slaves and later syncretized with Indigenous American religions.Worship in modern timesWhile some kind of religious reverence of Um'rA'eSh seems to have persisted in remote communities throughout the world, by the 18th and 19th century most instances of the deity are bred as a kind of exotic pet. In the second half of the 20th century, it gained popularity among youth cultures like Punk and Metal fans because of its dark history. It also seems that some religious interest has resurfaced among New Age religious movements.In 2003, the cult gained widespread media coverage when two sixteen-year-olds from Munich, Germany killed a classmate in order to appease Um'rA'eSh. Both teenagers have been found not guilty by reason of mental disease and are currently in institutional care. The Um'rA'eSh has been brought to an animal shelter. It has been found to have been grossly neglected.
[WoS Track 11] - Quota[Song Inspiration: Killing Strangers – Marilyn Manson]It was supposed to be easy.Just a routine traffic stop to close out the shift, and then a nice long three-day weekend…Spend some time with the fiancée…Watch some football with a couple close friends…Maybe fire up the grill one more time before it got too cold…Three whole days off.Just a routine traffic stop.It was supposed to be easy. Officer Maxwell was staked out between the north and southbound lanes of U.S. Route 27 near Decatur, facing north. It was dark – the middle of the night or early in the morning, depending on one’s perspective. All of his lights were off; a simple but effective speed trap for the hour. The night had been uneventful – quiet – and he was fine with that. Why get worked up before a long weekend? He was just finishing off the last off his lukewarm coffee when the red BMW M6 whizzed by, making him fumble his thermos. “Son of a bitch!” he shouted, shaking off the mess and switching his lights on. He peeled onto the road, the red and blue lights flashing, and gunned his Charger’s engine. ‘Another one for quota.’ He didn’t need to look at his radar to know the driver was exceeding the posted speed limit of sixty miles per hour. His foot pressed heavily on the gas. The speedometer quickly swung up to seventy, and then eighty, and then ninety, but the speeding car’s taillights were still getting smaller and smaller. It wasn’t until the needle passed one-ten that he started to catch up to the vehicle, which continued on its way without heed; not trying to speed up and get away, but not slowing down or pulling to the side either. ‘Is this guy for real?’ He turned his siren on, trying to make it clear that he was pulling the car over. No brake lights came on, but he did start to catch up to the car – they must’ve taken their foot off of the gas. He stayed close behind, in case the driver was thinking of taking off again. He hoped they wouldn’t; he really wasn’t looking for a high-speed chase so close to the end of a peaceful shift. ‘At least there’s no one else around.’ The road was dark and empty for miles ahead and behind; which wasn’t too odd, given the hour. There should’ve at least been some other cars, though. It was the littlest bit unnerving to be so alone. The M6’s brake lights finally came on and the vehicle was suddenly screeching to a halt. Office Maxwell stomped his own brake to the floor, jarring him forward. He turned his steering wheel hard to the right and swerved to the side of the road behind the speeder, who had slowed to a stop at last. “Fucking asshole,” he grumbled as he fought out of his seatbelt and grabbed his clipboard, wondering if he should try throwing in a reckless driving charge. He double-checked to make sure his dashcam was recording, pulled his face mask up to cover his mouth and nose, and stepped out of his car. Clicking on a flashlight, he approached the M6’s dark-tinted driver’s side window, which was still rolled up, and tapped twice on the glass with growing irritation. No response. He tapped again, a little louder. “Open up.” Nothing. Not a twitch, not a flinch, not a sharp intake of breath. The driver’s silhouette sat perfectly still, facing directly forward without moving at all. Officer Maxwell had had enough. Thump Thump Thump He pounded on the window with the butt of his flashlight, not caring if the glass cracked. “Hey, open up,” he demanded. The driver was blatantly ignoring him; if they didn’t comply, they were going to be facing more than a hefty speeding ticket and reckless driving. He shined his flashlight into the vehicle, hoping to get a look at the driver in case he needed to identify a fleeing suspect, but couldn’t make out much. His patience run out, the officer started to reach for his radio to call for backup; but just then, the driver’s head whipped around to face him. “Shit!” he shouted, jumping back and alarmed from the abrupt movement. The window finally started to creep down; the soft electric hum sounded loud in the silent highway. Officer Maxwell had to compose himself quickly, trying to appear as unperturbed as possible before approaching the car again and shining his flashlight inside. The dark glass was gone, but he still couldn’t make out any details about the driver’s face; it was completely covered behind a plain surgical mask and a pair of aviator sunglasses. The brim of their baseball cap was pulled low, and the hood of their gray hoodie was drawn up. Nothing about the attire seemed conducive to the driver’s visibility, especially the sunglasses at night. “You wanna tell me where the damn fire is, asshole?” he asked rhetorically, doing a poor job of hiding how flustered he was. The driver didn’t reply. They didn’t move. They just kept staring straight ahead. “Hey,” he prompted impatiently, waving his light a little. “Do you have any idea how fast you were going?” The driver didn’t reply. They didn’t move. They just kept staring straight ahead. “Take off those sunglasses! You were clocked doing almost double the posted speed limit! You failed to yield immediately when I was pulling you over, then executed a hard break on me that could’ve ended in a collision, and you’re wearing sunglasses while driving in the middle of the night! Between speeding, reckless driving, and failing to cooperate with a police office, I have every mind to pull your license” The driver didn’t reply. They didn’t move. They just kept staring straight ahead. “Get out of the car!” the policeman finally snapped, one hand reaching for the taser on his belt. “I’m not playing with you anymore! Get your hands where I can see them and get out of the car, right now!” That got a reaction. Ever so slowly, the driver began lifting their winter glove-covered hands; and when they were high enough, they took hold of either side of their started to lower it down, just as slowly, revealing an unkempt mop of walnut-colored hair. “Take off the sunglasses and get your hands back up!” the officer repeated, taser at the ready. With the same excruciating pace, the driver reached back up and took hold of their sunglasses with both gloved hands. “The fire… is here…” they said in a voice that was so low – so rasping and hollow – that the officer could hardly make out the words from behind their mask. “Say again?” he commanded, brandishing his flashlight once more. The driver pulled their sunglasses off, but their face remained obscured by the messy veil of their hair. They drew in a long, ragged breath before speaking again, as if raising their voice was going to be a great chore. “The fire,” they repeated in the same rasping and hollow voice, just a little bit louder, “…is right… here!” they suddenly bellowed, yanking the mask off. Their head lolled disjointedly from the motion, dropping the messy chestnut wig out of the window and revealing their true face at last. A skull. “YAAHHH!” Officer Maxwell recoiled in horror, dropping his flashlight and abandoned his taser to reach for his gun instead. Two pale blue flames burned in the empty eye sockets, illuminating the spectral visage. “What the fuck are you?” The driver tried to straighten up, but their skull-head immediately lolled to the other side, as if it were only loosely attached, never once breaking eye contact with terrified cop.“Stay where you are!” Officer Maxwell commanded, taking aim with clumsy and quivering hands. The skull driver’s jaw fell open and they drew in another deep breath, disrupting the previously still night with a powerful and violent wind that whistled loudly as it funneled down the plastic vacuum hose that was their throat. Officer Maxwell fought to resist, but the maelstrom was too strong. The pale blue light in the driver’s eye sockets grew eerily brighter the closer he got to the black hole of the skeletal maw. Resistance turned to struggling. He fired wildly, finding it hard to aim in the vortex, but every shot was followed by the metallic plink of his bullets hitting the car. The driver removed one of their winter gloves, revealing an equally skeletal hand that snagged Officer Maxwell by the lapel. The policeman tried to pull away, but he might as well have been fighting against a statue. Despite the lack of muscle or sinew, the driver’s grip was solid and unyielding. “Your fire is right here!” it roared again, its eyes burning bright enough to turn the black morning into midday. They blinded Officer Maxwell, but they didn’t burn him. Instead, he felt cold. Very cold Deathly cold. This wind was getting stronger. Officer Maxwell wasn’t even on the ground anymore; his gun clattered to the ground as he planted both of his hands and feet against the car’s door, but the vortex pulled him closer still to the dark, empty tubing in the driver’s mouth. The ribbed plastic seemed to stretch and expand, engulfing the officer in its darkness. He cried out, but the sound became an empty echo that traveled with him all the way down into the skeleton’s mason jar stomach. Full from its meal, the skeleton let go of Officer Maxwell’s soulless body, letting it drop limply to the ground next to its wig. It fixed its mask, rolled up its window, put its hat back on before taking off into again. A clipboard was sitting in the dark passenger seat, holding a sheet of paper with several dozen jagged tally marks in uneven rows. Reached over as it sped through night, the demon dragged the tip of its bony finger down the next empty space on the sheet. “Another one for quota,” it said through a belch.Just a routine soul collection.It was so very easy.
HorrorKu by TaintedTruffle
Short Stories
Humans are Weird - A Nice Soothing Murder by Betty-Adams
Hell and Heaven- Can I come in?- Of course my Love.- Mmmwwaaaaah.. It feels lovely and warm in here.- Warm? Feels pleasantly cool to me, my Love. You've come in from outside, so it feels warm to you. - Yes, and you've been in the glasshouse where it is stifling hot. So it must be nice for you to cool down in here. We experience the same space differently, but both of us find it pleasant. Speaks volumes, eh?- Hehe, yes.. Funny, I only just remembered a dream I had last night, talking about cool and warm. In the dream I visited Heaven and Hell.- Really?! Oh yes - don't tell me. Hell was a room with a huge pot of food, and all the people were going hungry because their spoons had such long handles that they couldn't put them into their mouths, so they all starved; Heaven was an identical room with an identical pot of food, and everyone was well-fed because the people were all feeding each other with the long spoons.. right?- No, not that one. Remember of course, I don't dream in pictures.- Oh yes.. but plenty of sounds and touch and that, I hope?- Of course, and heat, cold, pain, even faint taste and smell. And myself doing different things. And a similar theme behind the picture of Heaven and Hell as the one with the pots of food. So, I was walking along and heard the voices of, first an angel and then a devil...,... I wasn't afraid of the devil, his croaky, harsh voice sounded ridiculous, but I was in awe of the angel's powerful voice at first. But like in the Bible, the angel said, fear not, so I calmed down a bit. They asked me did I want to see Heaven and Hell? I thought, why not? and replied yes.- If we all saw Heaven and Hell, it might make us better human beings!,- Yup - that we have to account for our actions during life. So first I took the devil's arm - I could feel his clawed hands and one webbed wing similar to those of bats or dragons brushed against my face, and remember shuddering, but the angel was nearby and could step in, so that gave me courage. So the devil showed me Hell.- And what was that like? Fire everywhere, right?- Partly, but not everywhere. It was like this: he led me through the countryside where it was freezing cold - really, like, Siberian, -40'C. In the middle of the countryside was a house which had many rooms. We walked through them: half of them had huge fireplaces with a roaring fire in it - so hot that even in the farthest corner of each room, the people in them burnt in agony. While all the other rooms were unheated and as cold as outside, so that the people in them froze. And of course you weren't mercifully relieved of the heat and cold by dying, but burnt or froze forever.- How awful.. And Heaven, what was that like?- The angel then let me take hold of his arm - I didn't feel any wings, but I remember a warmth and calmness emanating from him onto my bare arms - you know how dreams are so illogical, I was suddenly wearing a sleeveless blouse despite the cold - and showed me Heaven. We walked through icy cold landscape again. And he led me into a big house again and walked me around it. I was surprised, because I thought at first he had made a mistake - because it all seemed to be exactly the same: the same design of big house also had many rooms. And suddenly I felt his stern gaze upon me, of course he could read my thoughts - I immediately felt really embarrassed for having though that, because of course such high spiritual beings are infallible! and I heard his voice in my heart, reply "Wait and see!" And as we walked around it, I realised that this house was different - much, much better.- What was different about it?- The rooms with the roaring fires were pleasantly warm rather than hot, while the other ones without fires were pleasantly cool rather than cold. So people were at meals, chatting, enjoying themselves, generally having a good time in the warm rooms, and sleeping, reading in bed, exercising in the cool ones. Perfect for everyone.- I'll say. How come the temperature difference between the rooms weren't as extreme?- Very simple. In Hell, the doors between the hot and cold rooms were shut, while in Heaven, the doors were all open, so the hot and cold air could circulate freely between the rooms! - And then I woke up.- What a lovely dream. Yes, still a bit similar to the one with the pots of food and spoons. Sharing hot and cold fairly. That speaks volumes about the world today..- Yes, the same principle, sharing, helping each other.. Darling, can you pass me the shampoo please? And - my boobs must be very clean now, you've been soaping them for at least five minutes. Can you scrub my back, please, while I wash my hair?- Yes of course, my Love.. Do you think what we are doing will lead us to Heaven or Hell?- What are you talking about?! Heaven of course! We are helping each other. At least I hope that counts.- Yes, and we are married.- Yes. OK my Love, I'm sure my back is clean now, and my butt too. Move onto another part of me.- OK, my Love. Touch your toes.....
Retracing her StepsLucy stepped out of the door and walked along the narrow alley, the tap-tap-tap of her cane on its sides playing a percussion duet with the flip-flop, flip-flop of her beach sandals. It was only April, but already quite hot and sultry afternoon outside, and the Stately Home was so well insulated that it had got a bit stuffy inside and she needed some fresh air; so, lightly dressed in a skirt, which she had made herself out of hemp cloth, she went out as she was to enjoy some fresh air and explore the surroundings. ,She emerged from the alley and turned right. It seemed to be a large building, and the walls felt like rough sandpaper; some of them had carved faces, animals, plants and abstract patterns on them. She went for about fifty paces, rounded the corner and walked another hundred paces parallel to the main road.A car drove past, its exhaust backfiring, making her jump; she had strayed so near to the road that her left foot stepped off the edge of the pavement, twisting her ankle slightly. She had reached another alley identical to the one that she had exited the building into. Another fifty paces - she took care to follow the wall this time, enjoying a zigzag pattern on it, and she arrived at another corner. She felt the faint warmth of the sun on the side of her face as she emerged from the shadow. ,A sudden "Chit-CHEET!" accompanied by a light fluttering of wings and a tiny, just perceptible breeze on the top of her head. The swallows were nesting and trying to shoo her away, to protect their young. The sun's warmth had faded a little, and leafy tree branches rustled along the road.She walked another hundred paces from the corner, found a third alley and walked towards the door at the end of it, guided by the voices of two girls - one of them with a strong foreign accent - and two boys from the first year talking and laughing. As she approached them, the conversation petered out and stopped entirely; Lucy felt their stares.. Why did people always have to do that? Besides, when they talked their voices helped orientation.. She decided to have some fun. So she announced out loud in her best teacher's voice:- How to locate the door handle with a long cane. And proceeded to do so: hold her cane vertically, reach out until it touched the door, moved it to the left - no handle - to the right - a click, the handle was below her hand, so she moved it down. It was shaped like a bulbous clover leaf and had an embossed six-pointed star in the middle. As she went through the door, she stopped briefly, smiled genially and turned in the direction of her watchers:- Thank you for your kind attention.A couple of embarrassed grunts in reply. As she entered the building, which smelt strongly of old wood, footsteps came up behind her. - Khello.It was the foreign girl.- Hello.- I fery sorry I starink you aLL ze time. Een my country, ve never seeink bLint people valkink aLone. She pronounced her L's very far back in the mouth; Lucy guessed she was from a Slavic.- In your country as well? That's also the case where I come from originally..- Yes.. But I sink eez seeLLy. You fint ze vay fery goot.- Thank you. I have plenty of practice. What is your name?- Sveta. Eez meanink "Light".- So does mine! my name is Lucy.- I heLp you, yes?She gave Lucy a guided tour of this part of the house. There was not much in it apart from many large cardboard boxes - it seemed to be a storage area. They went through a door and emerged onto a fourth alley. Sveta excused herself as she had to attend a seminar, and Lucy continued exploring. She emerged into what was clearly a woodland or orchard, as leaves rustled all around. She sat down, reached into her bag, pulled out a plum and bit into it; immediately there was a chattering, a cracking of branches of the tree above her and a light pitter-patter of small feet rushing through the branches, down its trunk and along the gravel toward her. Kaloo, the Lady's pet monkey, which lived in the garden and was allowed to do pretty much what liked. He climbed up her leg and right up onto her shoulder, snatched the plum out of her hand and, still clinging to her shoulder, started munching it noisily. - Naughty monkey! exclaimed Lucy. But she found it too funny to be annoyed. She stroked the tame little animals furry back, while at the sametime quickly taking the sunglasses from her forehead, putting them into the bag, zipping it securely and putting her hand over it, and also checking that there was nothing in her pockets, as the Lady had warned her that Kaloo was "most kleptomanic". Sure enough, when he had finished the plum, he clambered over her and his tiny hands started going through all her pockets and fingering her rings, necklace and bracelets. She felt a pang of panic as he grabbed her cane, as she would be rather stuck if he were to climb up a tree with it; but fortunately its strap was firmly round her wrist, so she simply held onto it and repeated "NO" very firmly. So instead he settled back onto her shoulder and started grooming her hair. That was a pleasant, relaxing, experience, as his little hands went through every inch of her head, tugging handfuls of her hair hard but not painfully, and making quiet clicking, crooning and chattering noises.She took the zither that she had bought at the music shop out of her bag. She was very pleased, as it had been a bargain, and both sounded and felt very beautiful; rich sounds emanated from the strings as she idly plucked them, and the smooth, varnished wood with a very faint squiggly patterns carved into the sides was lovely to feel. Another musical instrument she was teaching herself to play. Kaloo paused in his grooming, intrigued by the music; he climbed down and joined her, plucking the lowest string with a "plink, plink, plink". ...The zipper of the mosquito net growled as Lucy closed it. She sat in the middle and listened for a few seconds, having wrapped her whole bodyexcept her head into the light sheet to make sure that she hadn't shut any mosquitoes into it by mistake; it wasn't pleasant to be drifting off to sleep, only to be awoken by a "zzz-zzz-ZZZ..." approaching her ear and besides, West Nile fever was prevalent here. Having satisfied herself that she was alone inside the net, she lay down again and played a solitaire of her favourite game in this part of the world, mosquito-teasing: She rolled to the side until her face was very close to the net, but not touching it; within seconds there was a high-pitched whining buzz which stopped abruptly, then another, then two more overlapping, then a fifth.. She got to ten mosquitoes, then lost count and listened to the tiny orchestra of insect sound, laughing quietly as she imagined them sitting hungrily on the outside of the net, attracted by the scent of her skin but unable to reach her. She and Rafael had played it competitively; as he had attracted more mosquitoes than she had, he had lost, because he would have been more likely to get a ghastly disease. Those were their rules. Evidently her blood was not as tasty to mosquitoes as his.She lay back on the pillow, and tried to get some sleep.And found she couldn't. She felt mildly agitated.Something in her subconscious was saying: - Psst...She brushed the feeling aside; reached under the bed and picked up the zither again and played a few bars of The Third Man Theme. The haunting melody soothed her for a while. She lay back, holding the zither in her lap like a baby, and drifted off to sleep.. but the nagging voice of her id woke her up again:- The Stately Home..The monkey Kaloo? Sveta?- Your walk around it..She played The Third Man Theme to the end. ,- .. a hundred paces, an alley, fifty paces, a corner. Another hundred paces, an alley..What the hell? She picked up the zither again, and played the finale of it, riding up and down its two octaves. She and Rafael had watched the DVD of it recently, with him describing everything. She had rewound and replayed the bit at the beginning with the music over and over, until she knew it off by heart. She thought of the place where the film was set, post-war Vienna... she was walking a hundred paces, an alley, fifty paces, a corner..post-war..war..Nazi occupation of Austria.. !!!...She sat up with such a start, burrowed her way out of the mosquito net, nearly dropping the zither onto the floor while doing so - she just managed to grab it as it slid off the bed, the strings making a loud "pfrrZZOONGGGG" as her hand strummed them.She stood up, fumbled for her cane. She had to find out. What was THAT all about? Tap-tap-tap-BANG-OUCH! as she banged her forehead against the half-open window. She was so agitated, she wasn't concentrating. She stumbled out, dashed down the stairs and almost collided with the Lady.- Lady -?- Yes, Lucy! What's the matter? Why are you going around the house dressed only in your nightie? You know we don't allow that. That's not very decent. Are you ill?- I'm sorry.. no, I'm fine. I.. this afternoon I was walking around.. the Stately Home. I went all around it.- You were. Very good! orientating yourself, getting to know the layout. And? why are you so antsy?- I have a question about it. - Go on. Questions are always welcome. What about it?- Why is it built - the floor plan, I mean - in the shape of a swastika?
Traffic HazardLucy put the tools away and started to walk towards the hut, the soft leaves brushing against the hood of her mac that she was wearing against the chill and occasional drizzle. She was very pleased with what she had achieved during the hours of cool period, planting several different types of flower roots, bulbs and tubers of all kinds of varities. Although it was still chilly, the sun was just starting to caress her face with its warmth, so it was time to finish up. She removed her wellies, put them away and slipped into her beach sandals, the ones with the broad straps and soles which were thick, yet soft enough to feel the ground texture through them and, picking her cane from the corner, followed the flower bed to the road. As she approached the pavement she heard two sets of footsteps passing her from right to left, accompanied by a confident sweeping sound and a hesitant tapping against a fence, which stopped abruptly some way off to her left, waited a few seconds, then started up again, moving forward. , That was unmistakably her friends Yi-tse, who was experienced at finding her way around, and Sally, who had only recently lost her sight and was still learning. Lucy was about to call out to them, but then thought the better of it - they were crossing the road, and would need to concentrate, as traffic drove on the right here and standards of driving ranged from inconsiderate to downright reckless. She would meet them later for the meeting anyway. She found the edge of the pavement and turned left towards the town centre, her cane and beach sandals playing a duet, syncopating with each other, and accompanied by the ever-changing echoes of it from the walls, trees, parked vehicles and other surroundings: - tap tap tap tap tap..- snap snap snap snap snap..- Hey! A man's voice barking directly in front of her broke into the duet of cane and sandals. She stopped abruptly.- Hello.. who is that?- I'm a policeman, miss. - Oh.., Her free hand had just touched the handlebars of a bicycle parked on the pavement; did he think she was about to get on and ride it? She was about to explain, but he cut her off.- You know it's not.. oh. So sorry.. He suddenly sounded contrite, embarrassed and slightly surprised.- Why did you stop me, sir?- Erm.. to be honest, I never saw beach sandals like that before.. You playing Cinderella or something? Lucy laughed - she had picked the ones made of transparent plastic.- Yes. My boyfriend gave me those. They are biodegradable, made from potato starch and yes, we do call them glass slippers or Cinderella sandals.. Um, why is that a problem? The policeman cleared his throat.- You are not from here, right? From a distance it looks like you are going barefoot. That is illegal in public, to control the spread of hookworm. - I see. Ick.. yes, I can understand that. I thought you were about to stop me from riding this bicycle- So sorry, miss. No problem about the bicycle. Carry on. Lucy went her way, bemused by the strict public health laws here. Suddenly to her right there was a hissing, whistling, then a sharp crack and sound of splintering glass and raucous laughter and running around of feet. She stopped for a moment and grinned. The boys from over the road playing with fire; they had stuffed matchheads into a glass bottle and set fire to them. She recognised that sound, having sometimes done the same as a child. The laughter stopped, then a sheepish boy's voice piped up.- Hi Lucy.. sorry, we didn't mean to scare you.. Lucy just laughed.- I'm OK with those sorts of noises, it is just loud bangs that I don't like. But thank you for your consideration. She went on for another few minutes, found the kerb of the road and drew her cane up to her chest. As she did so, there was a chattering and scampering of monkeys in the tree branches above her, and a piece of fruit bounced off her shoulder and landed straight in her cloth bag. She reached into it. A soft fruit, roughly the size and shape of an egg. Tamarillo or tree tomato. She bit into it, enjoying the soft, sweet flesh and cracking the seeds between her teeth. She felt behind her and her hand touched a hanging bunch of them. She plucked them off one by one - the others would be pleased to have some as a snack. She listened; no traffic, not even bicycles. She walked across the road until her cane touched the kerb of the central reservation, just in time as a lorry approached behind her. She listened again, then stepped into the road.. As she was about halfway across a car engine to her right was turned on, immediately revved up and with a screeching of tyres roared around the corner - straight towards her - the horn sounded, a screech of brakes and tyres again, then an angry man's voice yelling at her that she was a traffic hazard, followed by a woman's voice saying that the likes of her shouldn't be allowed out unaccompanied like where we come from.. Lucy tottered, shocked, stumbled towards the right, her hip brushing against the serrated plastic of the car's headlight - it has stopped only inches from her; she fumbled towards the pavement with her cane, then having got her breath back turned and started to scream back at them to be careful and more considerate, but it was too late, the car had already roared off again.. Shaken and out of breath, Lucy found a bench and collapsed onto it in floods of tears.. Where was the policeman now, who had just stopped her for allegedly going barefoot? The car drove for half a minute, then stopped abruptly in the distance with another screech, there was an angry exchange of voices, doors and the boot being opened and slammed shut again, the car speed off, followed by a faint whirring. At that moment a friendly phut-phutting of a moped approached, the engine cut out and two sets of footsteps got off it, then a friendly male voice in a sing-song accent.- Hey Love, the lady looks like she's in trouble. Ma'am.. you OK dear? What happen'?- I narrowly missed being hit by a car..- Yeh, I though' so - tha' car went really fast suddenly..- Lucy, is that you? It's Sally.- Sally! Hey.. were you and Yi-tse walking along the road on the other side just some minutes ago?- Yes.. hehe, you are good at identifying people by sound. Yi-tse has gone to the shops. Meet my new boyfriend, Frank. Frank, this is Lucy Marston, an old and dear friend of mine. What happened? That car sounded loud, and you sound a bit shaken. Hugs all around. Lucy related what had just happened.- That's absolutely disgusting. You should make a statement to the police.- The police? Pffft, Sally. They don't give no rat's shit. They will say it was Lucy's own fault for walking around unaccompanied by a sighted person. That's how they think here. They have other priorities.. Can you hear 'em? and more like, feel 'em? In the distance there was the roar of thousands of human voices, then some cracks as of guns, a faint smell of tear-gas and suddenly Lucy perceived a strange feeling in the air - she couldn't actually hear anything, but she felt afraid for no reason, disturbed, nauseous..- Can you feel it too, Lu?- Yes! what is that?- Infrasound weapons. There's a big anti-government demonstration, and that's part of the governments riot control - they are beaming sound at demonstrators so low that you can't hear it, but it still affects the body, causing fear, panic, headache and so on. Creepy, isn't it?- Certainly is. Here, you wanna smoke? Take a drag from my cigarillo. Lucy reached out, and Frank carefully placed a cylinder of rolled-up leaves, smaller than a cigar but larger than a cigarette, between her index and middle finger. She didn't usually smoke, but thought she would try anything once, so she put the cold end of the roll into her mouth and took a deep drag.. She coughed, spluttered, as the smoke was strong and sweet too - not only rustica tobacco but definitely cannabis mixed in with it. It calmed her, made her light-headed and giggly again, lightened her mood. She handed the cigarillo back - she knew when she had had enough.- Thank you, hehehe..- My Frank smokes all sorts of things. He loves experimenting.. Hello? The whirring sound had come closer, accompanied by two sets of footsteps - the wheels of two suitcases being pulled by a man and a woman. They came right up to Lucy, stopped, then a hand patted her arm.- Hello.- Hello?- We.. were passengers in the car. The one that nearly knocked you down.. Are you OK?- Oh! Well I'm a bit shaken up, but recovered somewhat. Suddenly Lucy was enveloped in a big hug, and long frizzy hair brushed against hers.- That was absolutely disgusting and not OK. We told them to stop immediately and got out. Don't want to be passengers of such inconsiderate drivers. - Yeah, and they were just like: did we say something wrong? Completely baffled.. Lucy was very touched.- Well, I don't know what to say. That was really decent of you.. Where are you travelling to?- To the airport. Do you know where we can get a taxi somewhere? Frank got up, knocking over the log he was sitting on. He was still enveloped in tobacco and weed smoke.- I take you there. Yeah, you'll fit on my moped OK - I've carried a whole family on it. Them suitcases can go in the trailer. A creaking and clicking as he hitched the trailer on.- Oh.. hmm, I hope that's safe.. thank you so much. The suitcases were loaded onto the trailer and the three of them climbed onto the moped, causing its springs to squeak.- You welcome. Don't worry, I give way to blin' people, and anyone else with reduce' mobility. See you later my Love, mwaaaah.. and look after you friend Lucy. He started the engine and drove off, the engine sound quavering rather like an oversize mosquito.- What a lovely man you have found yourself there, Sally.- Yes, you can see why it was love at first sight. Where are you staying?- Phew.. I think I might skip breakfast and go straight to bed. I'm sleeping in one of the hammocks round the back.- Hammock? That's excellent, that way you put your feet up all the time. Let's go..- Wait.., Lucy had heard a cyclist, and a bus starting up around the corner, and put her hand in front of Sally to stop her.- Ooh gosh, I didn't hear that. Thanks. Once bitten, twice shy, eh?- Yes.. It's OK, it is going the other direction. Let's go. They tap-tapped across the narrow side-street, across the pavement and under a cool archway. They both shivered - at 7000 feet it really got chilly when they were out of the sun. Sally went off to the shops, while Lucy found the smooth-trunked tree with the Z-shaped branch, to which the hammock was tied. She climbed in, wrapped herself in the soft rug lying inside it and fell asleep with the morning sun warming her face and the hammock swaying in the breeze gently shaking the tree.
Mature

Mature Content

Mature Content

Deviants

Affiliates

:iconwtcbbaclub::iconthe-flying-quill::iconundersunumbrella::iconthe-eagle-eyrie::iconwriterscometogether::iconfrench-litterature::iconart--is--love::icondeutschedichter::iconwriteandread::iconwe-write-fantasy::iconstory-book-publish::icontry-your-page::iconnurturing-narratives::iconfictive-lit::iconpenpa:

Admins

Founder


:iconcybernine:

Co-Founders


:iconeonrising:

Contributors


:iconelectricman1::iconsaintofanger::iconwhitestorm::iconericthomasstudios:

Weekly Stats

0
0
2
0
0
nothing happening
nothing happening
2 accepted
nothing happening
nothing happening

Group Info

We are a group whom specialize in things such as Literature, Short Stories, Poems, and various other forms of writing artwork. Most types of literature are welcome to be submitted into this group, even certain ones with a mature lock on.

Read below for a guideline on what types of literature will and will not be allowed into this group.


Types of literature that WILL be allowed:
- Action
- Fantasy
- Fan Fiction
- Romance
- Horror
- Violence
- Anything that doesn't fall under the list of disallowed material.

Types of literature that WILL NOT be allowed:
- Nudity
- Sexual Themes
- Ideologically Sensitive Material (18+)
- Racism, Discriminating and other types that people may find offensive


If you wish to be a part of this group, by all means, go ahead and hit the join button, by doing this you are taking up the responsibility to be an active member and submit literature deviations frequently, or occasionally. Be sure to make a mention of that in your join request.

Of course, if you are simply joining to browse the gallery for some good reads, be sure to also, mention that in your join request, otherwise you will be mistaken for wanting to be an active member of the Literature-Den.

Blank join requests will be declined. A simple statement as to why you wish to join the group will be required. It is not expected to be large essay, just a simple statement such as "I like to read." would do fine.


These rules should be pretty simple to follow, and if you are especially well behaved and very active in contribution, you may be promoted to a higher position of control in the group.

That is all that will be said for now. For further information, please contact Cybernine for further assistance on any inquiries you may have.

All is said and done. See you when you join.
Group
Founded 11 Years ago
Feb 13, 2011

Location
Global

Group Focus
Literature/Writing

311 Members
237 Watchers
13,346 Pageviews
Make sure if you submit a join request, do not leave it blank otherwise there is the risk of it being declined.
Also, if your submissions have a mature lock on them, submit them to the Mature folder. Read the group info for a detailed list about what is and isn't allowed.
More Journal Entries

Comments


Add a Comment:
 
:iconnevermore-x:
NeverMore-X Featured By Owner Dec 27, 2014  Student General Artist
happy holidays everyone Heart
Reply
:iconaiamai:
Aiamai Featured By Owner Dec 7, 2014  Hobbyist General Artist
Thanks so much for accepting me! :aww:
Reply
:iconcybernine:
Cybernine Featured By Owner Dec 8, 2014  Hobbyist General Artist
No problem at all.
Reply
:iconjokerfan79:
Jokerfan79 Featured By Owner Jul 8, 2019  Student General Artist
My short story is not getting noticed much  will this group help?
Reply
:iconnevermore-x:
NeverMore-X Featured By Owner May 4, 2014  Student General Artist
Hello everyone Meow :3
Reply
Add a Comment: